FC2ブログ

はてなブックマークに追加 

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!

はてなブックマークに追加 

2006年05月14日 (日)

Blogを執筆し、早1年。得たことは・・・。

 去年の5月7日から始めたBlogだが、気が付いたら丸1年を越えていた。「継続は力なり」といったことわざを支えにひたすら続けてきたつもりは全くなかったが、その意味することは少し体感できたような気がする。
 何を体感できたかというと、記事を書くにあたって調べ物をしていたら、自然と読書能力が身に付いたことである。
 ここでいう読書能力とは、読む早さや理解力ということではなく、数日以内に1冊の本(漫画ではない)を最後まで読みきる力のことである。
 本を読みきるのに一ヶ月以上要していた従来は、断続的であるが故に、以前読んだ内容を片っ端から忘れていた。
 このような一歩進んで二歩下がる的な読書スタイルでは、記憶に残らない上に読書自体が楽しく感じられなかった。
 そのため、更に書籍と疎遠となる。このような負のスパイラルであった。

 短い期間で本を読みきれるようになると、書籍の内容の全体像がある程度記憶に残る上に、楽しく読めるようになる。
 読みきった書籍の余韻が消える前に、つい次の書籍に手がでる。
 余韻が残っているせいか、意識しなくても前回の書籍と今回の書籍の類似点や相違に気付かされ、二つの点が線となる。
 書籍の類似点や相違は、ジャンルがことなり関係ないと思っていた書籍間でも多々あった。
 一を聞いて十を知るためコツは、もしかしたら雑多な知識を関連付けて知恵を導き出すこのような能力を磨くことかもしれない。
 
 さて、日本の人口より10倍以上ある中国のGDPは、日本の3分の1と言われている。

中国が抱える2つの内部矛盾
 RIETI 経済産業研究所
 現在、中国のGDPの大きさは日本の3分の1だ。人口は中国が日本の10倍以上ある。だから中国の1人当たりGDPは日本の30分の1しかない。実際、中国の1人当たりGDPは1200ドル、これに対して日本は3万5000ドルある(いずれも2004年)。
 
 中国のGDPが、伸び悩む理由の一つは、様々な知恵をモノとして実現する力が足りないからである。
 知恵の源泉は、実体験や書籍を通して得た知識である。しかし、中国人は、書籍を通して知識を得にくい環境にある。
 本を買うお金がないことや、文字が読めない(非識字率13.0%)ことに加えて、書籍の内容にも問題がある。
 言論の自由がない中国での書籍に制限がつくことは知られているが、内容に信用がおけない書籍が多いことはあまり知られていない。
 
・不信社会が生んだ学問のための「辨偽学」
 驕れる中国 悪夢の履歴書
 そもそも中国の「学」は、自分が学ぼうとしている内容自体が偽者か本物かという弁別を必要とする。中国学で最初に勉強するべきなのは「辨偽学(べんぎがく)」である。この、いかにして偽者を区別するかという学問からスタートしなければ、「学」の入り口にすらたどり着けない。人間不信の「学」を学んではじめて中国がわかるのである。
 (省略)

 このような状況において、中国の書籍から何をどの程度学べるのだろうか?
 「魏志倭人伝」に書かれた内容から、当時の日本の様相をつかもうとしている活動を例として考える。
 そもそも「魏志倭人伝」から学ぼうとすること自体が間違いではあるまいか。
 大切な情報と不要な情報の価値の違いを区別できる見識がないと、間違った結論に至ってしまうので不安である。
 当面は、下記ような高い見識をもった研究者がいるようなので安心であるが・・・。
 この分野に限らず、日本のヲシテ文献など信頼性の高い書物から紐解くことが、一番の近道に違いない。

魏志倭人伝
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(省略)
 一方で岡田英弘など魏志倭人伝の史料としての価値に疑念を投げかける研究者もいる。彼らは位置関係や里程にずれが大きく信頼性に欠ける点を根拠としてあげている。

 中国と比較し我が国では、本を買うお金があることや、文字を読めることに加えて、書籍の内容も良質である。
 この差がGDPの差に結びついていると考える。従って、読書に励むことが、将来の豊かさに結びつく。日本の恵まれた環境を徹底的に活用しない手はない。
 書籍を最期まで読みきる読書能力を上げるためには、Blogを書くことではなく、興味のあるジャンルの本(200ページ程度)を短い期間で読みきることを数冊繰り返すことで十分であろう。ぜひ、読書が苦手な方にも試して頂きたい。

 以上が、1年を通して得た技能(?)である。ちなみに、記事の作成と読書には、今でも時間がかかる。
 読み書きの物理的な時間の削減は、継続することで実現できるかわからない。もう少し、継続して効果を確認してみたい。

【参考書籍】
『ホツマツタヱ』を読み解く―日本の古代文字が語る縄文時代
展望社 [著] 池田 満
ASIN:4885460832 /単行本/322頁
発売日:2001-11
ランキング&評価:---位 5
価格:¥ 3,570 [2006-06-15 Amache]
5 - 本物の証明・最高の論考書

驕れる中国 悪夢の履歴書
福昌堂 [著] 黄 文雄
ASIN:4892247936 /単行本/287頁
発売日:2005-10
ランキング&評価:---位 5
価格:¥ 1,575 [2006-06-15 Amache]

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!
 本ブログを通してもamazonさんから同じ価格、同じ手間で書籍をご購入頂けます。ここを通したときとの違いは、amazonさんの利益の一部が、私の収入となるか否かの違いです。ここで得た収入を次の更新の仕込みとして書籍購入に活用させて頂きますので、ご興味のある書籍がありましたら、こちらを通してご購入して頂けると助かります。


 

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

人気 blog Ranking
ご協力お願いします
ワン♪

推薦図書
購入できないのであれば、図書館で借りてでも是非読みたい、この一冊。
関連商品
書籍検索
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
fc2アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク

経済コラムマガジン
月刊・沈黙の兵器
日本軍事情報センター
石原慎太郎エッセイ『日本よ』
眞悟の時事通信
森田実
国際派日本人養成講座
パクリ大国 南朝鮮
nikaidou.com
BLOGリンク
朝鮮かるた
ちょうせんかるたで時事を学ぼう!
かるたをクリックして記事確認
karuta_i.jpg karuta_ro.jpg karuta_ha.jpg karuta_ni.jpg karuta_ho.jpg karuta_he.jpg karuta_to.jpg karuta_ti.jpg karuta_ri.jpg karuta_nu.jpg karuta_wa.jpg karuta_ka.jpg karuta_yo.jpg karuta_ta.jpg karuta_re.jpg karuta_so.jpg karuta_tu.jpg karuta_ne.jpg karuta_na.jpg karuta_ra.jpg karuta_mu.jpg karuta_u.jpg karuta_wi.jpg karuta_no.jpg karuta_o.bmp karuta_ku.jpg karuta_ya.jpg karuta_ya2.jpg karuta_ma.jpg karuta_hu.jpg karuta_ko.jpg karuta_e.jpg karuta_te.jpg karuta_a.jpg karuta_ki.bmp karuta_yu.jpg karuta_me.jpg karuta_n.jpg karuta_mi.jpg karuta_shi.jpg karuta_we.jpg karuta_hi.jpg karuta_mo.jpg karuta_se.jpg karuta_su.jpg karuta_n.jpg
QRコード
携帯からもアクセス
QR
プロフィール

konn43

Author:konn43
基本的に角が立たないように生きてますが、理不尽に尻尾を踏まれると赦せません。
 当サイトは、リンクフリーです。
許可も不要です。記事を引用する際、一言でも良いのでご自分の意見も付け加えて頂ければ嬉しいです。そのご意見がきっと誰かの役に立つと思うので。
 基本的に忙しいので、返信できるかわかりませんが、メールアドレスを一応、公開することとしました。
 konn_seesaa@mail.goo.ne.jp

ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ
・現在の閲覧者数:
・アクセス数:
  (H21.12.29から)

seesaa共用のアクセス数:
 
  (H17.05.07から)
クリックにて記事表示
shinzohossanogenin.jpg abcd.jpg tomohito-sinnou.jpg china-sensya.jpg bouei.jpg kita-kokki.jpg q20.gif nitiromap011.jpg afurica_16c.png renai_intr1.jpg shin_01.gif mimana.jpg 草原の道 ghana-daihyou.jpg gaito.gif yami-ichi.jpg tateanashiki-juukyo.jpg bot06ph6.jpg netuzoucyon.gif shoda20030116-06s.jpg muboubi-man.jpg yasukuni050815.jpg kaisan.jpg ero-kyoiku.jpg shigen-dorobou.jpg 0808e_iti_arson311340.jpg The_Last_Samurai_3_1024.jpg sinagaki.jpg futouna_genkokudan.jpg korea-kyojou.jpg koreansoldier.jpg vip-vs-vank.jpg dog.jpg karate-pakuri.jpg ハングル教科書 chousen-dic.png erokyoiku-book.jpg 02420yuji.gif china_sakana3.gif UN.jpg tattahitotunotakaramono.jpg blue.jpg ishihara-okinotorisima.jpg hibiya.jpg okazaki2.gif baikoku-kouno.jpg stomping.jpg cyosencar.jpg han.jpg onode-enjiwo-osou.jpg korea_uragiri.jpg goutou.jpg ate-Shot_11.jpg ishihara2.jpg fukuokasatsujin.jpg amenoyasukuni.jpg asiagou.gif 橋 k-petoronas0.jpg china-shitugyou.jpg soushikaimei.jpg mercury_story5.gif den3_zu5.gif muneo.jpg 141004hashimoto20.jpg ebijoniru.jpg od2.jpg ODA 初等教育の発展 nisegaisha.png kanji3.jpg kujira.jpg tamashi.bmp tosupo.jpg masukomi.jpg osousiki200508141300.jpg sankikyukoutou.jpg chousen-goumon.jpg nekoguruma.jpg nandaimon1897.jpg dojin.jpg hagetaka.jpg jikkai.jpg kyanberu.jpg terrorist.gif baka_samurai.jpg
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。