FC2ブログ

はてなブックマークに追加 

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!

はてなブックマークに追加 

2006年07月17日 (月)

国益を蔑ろにし、敵対国家朝鮮の意向を垂れ流すマスコミ

 前回の記事の冒頭で、「日朝平壌宣言に違反する北朝鮮のミサイル発射によって、日本は、危機に直面した。危機に直面すると、平時には見えない我が国の問題点が浮き出てくるので、その点を再度確認したい。」と言いいつつ、そこまで、辿りつかなかったので、今回こそお伝えしたい。
 森首相だった頃に、神の国発言に対して、朝日新聞などが、正義面して激しくバッシングし、退陣に追いやったことを皆さんもまだ記憶されていると思う。

神の国発言
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神の国発言(かみのくにはつげん)とは、2000年5月15日、神道政治連盟国会議員懇談会において森喜朗首相(当時)が行った挨拶の中に含まれていた、「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知していただく、そのために我々(=神政連関係議員)が頑張って来た」という発言。

これに対し、野党や朝日新聞・毎日新聞などのマスコミからは「国民主権や政教分離に反するものではないか」との批判がなされ、世間の注目するところとなった。これに対し、産経新聞などは「批判は挨拶文の一部だけを意図的に抜き出して曲解した不当なものだ」として首相を擁護した。なお、読売新聞のように発言自体は非難しない立場からも、誤解を招く失言であるとする批判があった。

この発言騒動によって支持率が急落した。

 では、その朝日新聞が、ミサイルが飛んできた場合に、「一発だけなら、誤射かもしれない」と考えていることをご存知であろうか?

1発だけなら誤射かもしれない!?
朝日新聞4/20東京版朝刊第2面

 このことを踏まえて、今回の一連のマスコミが垂れ流す報道内容を観察すると、何を誤魔化したいのか分からないが、何やら必死さがヒシヒシと伝わってくる。
 先制攻撃論について、毎日新聞は、「ペリー元米国防長官、先制攻撃論を提唱」という見出しで、事実を伝えながら、記事中でチェイニー米副大統領の否定的な意見も紹介するスタイルである。

北朝鮮:テポドン2号 ペリー元米国防長官、先制攻撃論を提唱
毎日新聞 2006年6月24日 東京朝刊
 【ワシントン及川正也】ペリー元米国防長官は22日付の米紙ワシントン・ポストへの寄稿で北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射準備をしている問題について、米国が発射前にミサイルを攻撃する「先制攻撃論」を提唱した。これに対してチェイニー米副大統領は同日の米CNNテレビで否定的な考えを示した

 元長官は寄稿の中で「北朝鮮が発射準備を続けるなら、米国は発射前にミサイルを攻撃し、破壊するという意思を明確にすべきだ」と提唱。これに対して副大統領は、外交圧力を通じて対処する方針を強調した。

 また副大統領は同テレビでテポドン2号について弾頭部分に推進力がある「3段式」とみられることを明らかにした。

 これが、「一発だけなら、誤射かもしれない」と考えている朝日新聞の手にかかると先制攻撃を推奨する声がなかったかのようになる。

米副大統領ら、北朝鮮への先制攻撃に否定的
 朝日新聞 2006年06月23日10時18分
 米国のペリー元国防長官らが北朝鮮の弾道ミサイル「テポドン2」に対する先制攻撃を提言したことについて、チェイニー副大統領は22日、CNNテレビの番組で「現時点では問題に正しく対処している」と述べ、提案に否定的な考えを示した。ハドリー大統領補佐官(国家安全保障担当)も「外交が正しい答えだ」と述べるなど、外交的解決を目指す姿勢を強調する声が相次いだ。

 副大統領は「ほかの国を攻撃する場合は、一発だけではすまないと心すべきだ」として、攻撃をきっかけに戦闘が拡大する可能性を指摘。訪問先のブダペストで会見したハドリー氏は「解決には、北朝鮮がミサイル実験の凍結を守って(核問題に関する)6者協議に復帰することだ」として、改めて北朝鮮に対応を求めた。

 ロドマン国防次官補も同日の下院軍事委員会の公聴会で、先制攻撃に踏み切れば「劇的な事態となる」と指摘。「提案には驚いた」として「現時点での我々の政策はより穏健な方法を追求することだ」と述べた。また、北朝鮮が発射に踏み切った場合には「何らかの対価を支払わせる」とも語り、北朝鮮を牽制(けんせい)した。

 これでは、北の将軍様の意見を額面通りに垂れ流す韓国の新聞と違いがない。

【社説】国家としての良心を失った日本の先制攻撃論  朝鮮日報

 結論としては、マスコミの意見が相変わらず信用できない。だが、マスコミの意見も逆に解釈すれば役に立つ。
 この法則は、軍事面に限らずホリエモンなどのIT企業ヨイショ、小さな政府(緊縮財政)、規制緩和、公務員削減の推奨、赤字国債の多さの誇張と公共事業の無駄の誇張などの話にも適合する。根拠は、追々述べさせて頂くが、例えば、小さな政府について言えば、米国の鉄道、テレビ、半導体などの各種産業の発展と衰退の過程において、米国政府がどの局面で小さな政府を採用し、そしてどうなったかを調べれば結論が見えてくるのではなかろうか。このような話は、マスコミからは何故かあまり聞かない。

 ところで、朝鮮人の名前と同じようにここころ変わるミサイル着弾箇所とミサイル発射数(7発説、10発説)は、いったい何が真実なのだろうか?そして、3番目の赤い空の写真は、爆発したミサイルの影響か・・・?

北朝鮮ミサイル問題における報道の変化
 桜の舞う季節は君を想う




 朝鮮人も中国人と同様に、根本的に我々と思考回路が異なるから、最悪の事態を事前に考えておいた方がよいだろう。

すごいところを見つけた(覚書)
 のりあさ
ここ!
http://resistance333.web.fc2.com/patriotism/patriotism_top.htm
「反日勢力撃退用・PDF資料館」

きっちりまとめられていて、PDFなので印刷すると読みやすい。
ベージとページに記事が変なかっこうでまたがるってこともないし。

さらにすごいのが、ゆくゆくは英語、朝鮮語、中国語も用意する予定だということ。
大変な仕事ですよ。
ほんとうなら、国が金だしてやるべきこと。
このファイルを読んでいて、ここに驚いた。

★ ★

「大阪の一隅に生きて七十年―私の総括―」上田等(創生社 2002年11月)73頁

吹田操車場へ乱入デモをし、岸部から国道を吹田に向かっていたとき、デモ隊の後方からウィポン車に乗った茨木警察の一隊がデモ隊を追い越して先頭に出ようとした。
これに対して火炎びんで攻撃を加えた。
警官は車から転げ落ち、田植えをしたばかりの田圃に逃げ込んだ。
火傷した警官が逃げられずに路上に転がっている。
デモ隊はそれを竹槍で突こうとした。隊長だった私はそれを止めた。

日本人は止めた。
朝鮮人は何を言うか、やってしまえと、ピストルも全部奪ってしまった。

日本人は巡査をやっつけろと火炎びんを投げたけど、殺す気はなかったから、無抵抗になった奴を竹槍で突くことはできなかった。
朝鮮人は突いた。

止めたら日本人は言うことを聞いたが、朝鮮人は怒った。

その差がいまだに分からない。民族が違うからか。
私の思想が中途半端なのか。
殺してしまってもよいという所までになっていないことは事実だ。
ビビった。

その差というのが、いまだに分からない。

朝鮮人教育闘争のときにも、南警察署だったか税務署だったかを襲撃した。
あのときも、日本人は勝ったらそれで終わったが、朝鮮人は頭を割るところまでいく。

そのときもビビった。

★ ★

こわい。やっぱり彼らが「日本がやった!!」と糾弾しているようなことは、そういうことをやるのに何の躊躇もない自分たちの精神の反映なのだろうか。

 このような加減をしらない朝鮮人が発射するミサイルに対して、一発だけなら誤射かもしれないと考えるマスコミの気が知れない。もう少し、日本国民の視点で物事を考え、報道して頂きたい。



【参考書籍】
アメリカの産業戦略
東洋経済新報社 [著] 吉川 元忠
ASIN:4492441239 /単行本/228頁
発売日:1990-09
ランキング&評価:---位
価格:¥ --- [2006-07-18 Amache]

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!
 本ブログを通してもamazonさんから同じ価格、同じ手間で書籍をご購入頂けます。ここを通したときとの違いは、amazonさんの利益の一部が、私の収入となるか否かの違いです。ここで得た収入を次の更新の仕込みとして書籍購入に活用させて頂きますので、ご興味のある書籍がありましたら、こちらを通してご購入して頂けると助かります。


 

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

人気 blog Ranking
ご協力お願いします
ワン♪

推薦図書
購入できないのであれば、図書館で借りてでも是非読みたい、この一冊。
関連商品
書籍検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
fc2アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク

経済コラムマガジン
月刊・沈黙の兵器
日本軍事情報センター
石原慎太郎エッセイ『日本よ』
眞悟の時事通信
森田実
国際派日本人養成講座
パクリ大国 南朝鮮
nikaidou.com
BLOGリンク
朝鮮かるた
ちょうせんかるたで時事を学ぼう!
かるたをクリックして記事確認
karuta_i.jpg karuta_ro.jpg karuta_ha.jpg karuta_ni.jpg karuta_ho.jpg karuta_he.jpg karuta_to.jpg karuta_ti.jpg karuta_ri.jpg karuta_nu.jpg karuta_wa.jpg karuta_ka.jpg karuta_yo.jpg karuta_ta.jpg karuta_re.jpg karuta_so.jpg karuta_tu.jpg karuta_ne.jpg karuta_na.jpg karuta_ra.jpg karuta_mu.jpg karuta_u.jpg karuta_wi.jpg karuta_no.jpg karuta_o.bmp karuta_ku.jpg karuta_ya.jpg karuta_ya2.jpg karuta_ma.jpg karuta_hu.jpg karuta_ko.jpg karuta_e.jpg karuta_te.jpg karuta_a.jpg karuta_ki.bmp karuta_yu.jpg karuta_me.jpg karuta_n.jpg karuta_mi.jpg karuta_shi.jpg karuta_we.jpg karuta_hi.jpg karuta_mo.jpg karuta_se.jpg karuta_su.jpg karuta_n.jpg
QRコード
携帯からもアクセス
QR
プロフィール

konn43

Author:konn43
基本的に角が立たないように生きてますが、理不尽に尻尾を踏まれると赦せません。
 当サイトは、リンクフリーです。
許可も不要です。記事を引用する際、一言でも良いのでご自分の意見も付け加えて頂ければ嬉しいです。そのご意見がきっと誰かの役に立つと思うので。
 基本的に忙しいので、返信できるかわかりませんが、メールアドレスを一応、公開することとしました。
 konn_seesaa@mail.goo.ne.jp

ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ
・現在の閲覧者数:
・アクセス数:
  (H21.12.29から)

seesaa共用のアクセス数:
 
  (H17.05.07から)
クリックにて記事表示
shinzohossanogenin.jpg abcd.jpg tomohito-sinnou.jpg china-sensya.jpg bouei.jpg kita-kokki.jpg q20.gif nitiromap011.jpg afurica_16c.png renai_intr1.jpg shin_01.gif mimana.jpg 草原の道 ghana-daihyou.jpg gaito.gif yami-ichi.jpg tateanashiki-juukyo.jpg bot06ph6.jpg netuzoucyon.gif shoda20030116-06s.jpg muboubi-man.jpg yasukuni050815.jpg kaisan.jpg ero-kyoiku.jpg shigen-dorobou.jpg 0808e_iti_arson311340.jpg The_Last_Samurai_3_1024.jpg sinagaki.jpg futouna_genkokudan.jpg korea-kyojou.jpg koreansoldier.jpg vip-vs-vank.jpg dog.jpg karate-pakuri.jpg ハングル教科書 chousen-dic.png erokyoiku-book.jpg 02420yuji.gif china_sakana3.gif UN.jpg tattahitotunotakaramono.jpg blue.jpg ishihara-okinotorisima.jpg hibiya.jpg okazaki2.gif baikoku-kouno.jpg stomping.jpg cyosencar.jpg han.jpg onode-enjiwo-osou.jpg korea_uragiri.jpg goutou.jpg ate-Shot_11.jpg ishihara2.jpg fukuokasatsujin.jpg amenoyasukuni.jpg asiagou.gif 橋 k-petoronas0.jpg china-shitugyou.jpg soushikaimei.jpg mercury_story5.gif den3_zu5.gif muneo.jpg 141004hashimoto20.jpg ebijoniru.jpg od2.jpg ODA 初等教育の発展 nisegaisha.png kanji3.jpg kujira.jpg tamashi.bmp tosupo.jpg masukomi.jpg osousiki200508141300.jpg sankikyukoutou.jpg chousen-goumon.jpg nekoguruma.jpg nandaimon1897.jpg dojin.jpg hagetaka.jpg jikkai.jpg kyanberu.jpg terrorist.gif baka_samurai.jpg
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。