はてなブックマークに追加 

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!

はてなブックマークに追加 

2008年09月28日 (日)

中山成彬国交相の発言は、しごく真っ当

 我が国が今日のように発展した原動力の一つは、江戸時代における士農工商の世襲制をやめて、人材の流動性を高め、平民でも優秀であれば、重要な職業につけるようにしたことにあると考える。事実、明治維新以降の殖産興業が成功したのは当時知的階級であった武士層が転職したからであった。平民には西洋技術を吸収するための洋書を読みこなす力がなかったのである。
 一方、当時最先端を走っていたヨーロッパは、現在、伸び悩んでいる。そこには日本人が考える以上に階級社会が根強く残っていることも大きな要因である。
 このようなことから、世襲に意味のない業種の世襲制を極力なくし、人材の流動性を高めることが社会発展に寄与することがわかる。しかし、我が国の大事な教育機関にも世襲制度が残っているようだ。この教職員の採用方法に問題提起した中山成彬国交相発言をマスコミは否定的であるが、真っ当な発言だと思う。

<中山国交相>発言に抗議相次ぐ 「大臣の資質疑う」
 毎日jp【柳澤一男、三木陽介、高山純二】2008年9月27日 00時05分
●日教組 

 「日教組の子どもなんて成績が悪くても先生になる。だから大分県の学力は低いんだよ」とさんざんな言われようをした日教組と大分県。日教組は26日、幹部が中村譲・中央執行委員長名で「(発言は)なんの根拠も持たない。謝罪と辞任を求める」とする抗議文を手渡しに国交省に出向いた。しかし「大臣の時間がない」と本人との面会を断られた。岡本泰良書記長は怒りをあらわにした。

 大分県教委の小矢文則教育長は県庁で報道陣に「発言についてのコメントは控える」としつつ「事件があった当事者なので、いろいろな批判をいただくことが多いが、払拭するためには成果を出すしかない」と控えめにコメントした。

 文部科学省でも、かつてのトップの失言に困惑の色が広がった。中山国交相は文科相時代の04年に全国学力テスト復活を提案した本人。そのテストの実施目的について「日教組の強いところは学力が低いんじゃないかと思ったから」との発言に、職員は「なぜあんなことを言ったのか分からない」とうめいた。

 また、中山成彬国交相のすばらしい発言要旨は、こちら。

<中山国交相>「日教組ぶっこわす」宮崎での発言要旨
 毎日jp 2008年9月27日 21時53分
 ◇中山成彬国交相・宮崎市での発言要旨

 ●日教組について

 日教組については、いろいろ言いたいことがある。大臣になって一番大事な仕事は、美しい古里と、安心・安全で住むことができる国土を子や孫たちにバトンタッチすること。今の日本を子供たちにこんな状態でバトンタッチしていいか。そういう強い気持ちがある。さまざまな犯罪が起こっている。あるいは親殺しとか。それは教育に問題があった。特に日教組。何より問題なのは「内心の自由に立ち入らない」と言って、道徳教育に反対する。何とか日教組を解体しなければいかんと思っている。小泉さん流に言えば「日教組をぶっこわす」。この運動の先頭に立つ思いでいる。

 ●民主党について

 これ(日教組)が民主党の最大の支持母体。支持母体と言えば、社保庁もそうだ。社保庁というのは自治労が非常に強い組合。こういう仕事をしない人があの年金記録の未処理問題につながっている。民主党が「政権選挙」といってるが、官公庁の組合に支えられている民主党が政権を取ったらどうなるのか。

 民主党は本当にひどいこといっている。中学3年生まで児童手当。(財源が)あればいいが、総額4・5兆円から5兆円。消費税2%分だ。高速道路も無料にするという。公約に財源があるのか、民主の公約は「公約偽装」である。小沢民主党も解体しないといけない。

 マスコミが、問題ではない中山成彬国交相発言を無理やり問題化し、次の「左翼、日教組の支持者を不正採用してきたこと」を擁護しているように見える。

大分県の教師不正採用事件、一体誰が主犯なのか
 新聞の宅配問題  平成20年9月27日
 8月31日の読売新聞は、「大分県教委 採用取り消し」、「多くの対象者 反発」、「今年度分だけ 不公平」という見出しで、次のように報じていました。

----------------------------------------------------------------------------

 採用試験をめぐる汚職事件を受け、今年度採用された教員のうち21人の「取り消し」を決めた大分県教委。30日には退職済みの1人を除く対象者全員と面談を実施したが、「私は不正を頼んだ覚えはない」などと猛反発を招いた。

 ・・・「どの教師も納得してくれなかった。採用試験の点数改竄は元県教委の幹部がしたことなので、とにかく謝罪を続けるしかない」・・・。

 取り消し対象の教師も希望すれば臨時講師として10月以降に再雇用されるが、勤務場所は未定で、9月中は混乱が避けられない情勢だ。

 ・・・穂坂邦夫・前埼玉県志木市長も次のように批判している。「採用に関する不正は長年続いてきたとされるのに、今年度分だけ対象となるのは公平性に欠ける。採用主体である教育委員会の責任こそ問われるべきではないか」

----------------------------------------------------------------------------


 教師らは、「不正を頼んだ覚えはない」と言っていますが、それでは一体誰が、何のために不正を働いたのでしょうか。当たり前のことですが、不正とか犯罪とかは(恨みによる場合とか政治犯罪等を除いて)、経済的な利益を目的に行われるものです。犯罪の結果誰が利益を得たかを確認すれば、主犯が誰かは自ずから明らかになると言うものです。



 今回の犯罪での最大の受益者は不正採用された教師達です。50万円、100万円程度の商品券などを受け取った者達ではありません。生涯安定した身分と高収入、高額の退職金と年金を得る不正採用教師自身であることは明白です。主犯が教師自身であることは明白と言うべきです。それにもかかわらず主犯が教委幹部達であるかの如き報道は、話のすり替えです。教師達は、「知らなかった」などという言い訳が、通用すると思っているのでしょうか。



 もし、これらの不正行為が経済的利益を目的としたものではなく、従って教師の個人的責任を問えないと言うのであれば、一体これらの犯罪は誰が何のために起こしたものなのでしょうか。読売新聞や教育評論家穂坂氏が彼等を主犯としないのであれば、誰が主犯なのかを明らかにすべきだと思います。

 今回の一連の報道を追っていて、ひとつ不可解なことがあります。それは、日教組の反応が全く報じられていないことです。教育に関わる重大な不正事件に接して、日頃政治問題に声を大にして発言している彼等が、なぜ今回の事件に関して沈黙を守っているのでしょうか。



 今年7月17日の読売新聞は、「[スキャナー]大分不正採用教員 「解雇」根拠は何? どこまで…見通し立たず」という見出しで次のように報じていました。

----------------------------------------------------------------------------

 教員採用試験を巡る汚職事件に絡み、16日、不正な手段で合格した教員全員の採用取り消しを決定した大分県教委。なぜ不正の全貌(ぜんぼう)が明らかにならない段階で、「過去に例を見ない」(文部科学省)という厳しい措置を打ち出したのか。・・・

 ただ、法曹界の中には、この判断を疑問視する声もある。あるベテラン民事裁判官は、地公法が「懲戒、分限の理由がなければ意に反して免職されない」との身分保障規定を明文化していることを挙げたうえで、「合格ラインに達しなかったからといって一律に取り消すのは難しいのではないか」と指摘。労働紛争に詳しい岩本充史弁護士も「不正な採用だから直ちに適格性を欠くとは言えず、懲戒免職も本人が不正を認識していたケースに限られるのではないか」と語った。

 県教委が採用の取り消しに踏み切った場合、その対象者は県に対し、教員としての地位の確認を求める裁判を起こすこともできる。日本労働弁護団の菊池紘弁護士は「県教委の組織的不正が原因なのだから、不正のつけを受験者だけに負わせるのはおかしい。取り消しが容認されるのは大幅に得点がかさ上げされるなど、極めて不公正なケースに限られるはず」と話した

----------------------------------------------------------------------------


 労働問題の専門家達が、早くもこの段階で不正に採用されたもの達を擁護し、かつ、読売新聞が彼等の主張を紹介していることは、不正は単なる個人の問題でないことを窺わせます。そうであれば、残る動機は「政治的目的」しか考えられません。政治的動機とは、左翼、日教組の支持者を採用するということが考えられますが、そうであれば読売新聞は事件の背景を明確に報じるべきだと思います。


 左翼、日教組の支持者が不正採用されるので、日教組は、権力を維持することができる。いくら道徳教育を要請しても日教組に阻まれて、倫理観を持った人間を育成することが困難となり、社会が劣化する。次のような残念な結果も、何が正しいことなのかを判断できなくなった社会劣化の現れであろう。

中山国土交通相が辞任へ
 [東京 27日 ロイター]2008年 09月 28日 07:39 JST
 NHKなど国内各メディアは27日夜、中山成彬国土交通相が28日に辞任すると報道した。中山国交相は就任直後のインタビューで、日本教職員組合の強い地方は学力が低いと思うと発言したほか、成田空港の滑走路が1本なのは「ごね得」などと発言していた。

 これら発言に対し、民主党など野党が強く反発。麻生太郎首相による罷免か辞任を求めていたほか、連立与党の公明党からも強い批判が出ていた。

 共同などによると、こうした中で中山国交相は27日、宮崎市内で「日教組を何とか解体しなければならない」と発言し、日教組への批判を繰り返した。27日夜に羽田空港で記者団に対して「自分の出処進退は、自分で決める」と述べていた。

 公明党の山口那津男政調会長は27日のTBSのテレビ番組で「本当に不適切極まりない。とんでもない発言だ」と、与党として異例の強い批判を展開していた。

 とりあえず誰が抵抗勢力なのかを記憶にとどめたい。

中山成彬国交相を応援したい方はクリックを

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!
 本ブログを通してもamazonさんから同じ価格、同じ手間で書籍をご購入頂けます。ここを通したときとの違いは、amazonさんの利益の一部が、私の収入となるか否かの違いです。ここで得た収入を次の更新の仕込みとして書籍購入に活用させて頂きますので、ご興味のある書籍がありましたら、こちらを通してご購入して頂けると助かります。


 

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

人気 blog Ranking
ご協力お願いします
ワン♪

推薦図書
購入できないのであれば、図書館で借りてでも是非読みたい、この一冊。
関連商品
書籍検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
fc2アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク

経済コラムマガジン
月刊・沈黙の兵器
日本軍事情報センター
石原慎太郎エッセイ『日本よ』
眞悟の時事通信
森田実
国際派日本人養成講座
パクリ大国 南朝鮮
nikaidou.com
BLOGリンク
朝鮮かるた
ちょうせんかるたで時事を学ぼう!
かるたをクリックして記事確認
karuta_i.jpg karuta_ro.jpg karuta_ha.jpg karuta_ni.jpg karuta_ho.jpg karuta_he.jpg karuta_to.jpg karuta_ti.jpg karuta_ri.jpg karuta_nu.jpg karuta_wa.jpg karuta_ka.jpg karuta_yo.jpg karuta_ta.jpg karuta_re.jpg karuta_so.jpg karuta_tu.jpg karuta_ne.jpg karuta_na.jpg karuta_ra.jpg karuta_mu.jpg karuta_u.jpg karuta_wi.jpg karuta_no.jpg karuta_o.bmp karuta_ku.jpg karuta_ya.jpg karuta_ya2.jpg karuta_ma.jpg karuta_hu.jpg karuta_ko.jpg karuta_e.jpg karuta_te.jpg karuta_a.jpg karuta_ki.bmp karuta_yu.jpg karuta_me.jpg karuta_n.jpg karuta_mi.jpg karuta_shi.jpg karuta_we.jpg karuta_hi.jpg karuta_mo.jpg karuta_se.jpg karuta_su.jpg karuta_n.jpg
QRコード
携帯からもアクセス
QR
プロフィール

konn43

Author:konn43
基本的に角が立たないように生きてますが、理不尽に尻尾を踏まれると赦せません。
 当サイトは、リンクフリーです。
許可も不要です。記事を引用する際、一言でも良いのでご自分の意見も付け加えて頂ければ嬉しいです。そのご意見がきっと誰かの役に立つと思うので。
 基本的に忙しいので、返信できるかわかりませんが、メールアドレスを一応、公開することとしました。
 konn_seesaa@mail.goo.ne.jp

ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ
・現在の閲覧者数:
・アクセス数:
  (H21.12.29から)

seesaa共用のアクセス数:
 
  (H17.05.07から)
クリックにて記事表示
shinzohossanogenin.jpg abcd.jpg tomohito-sinnou.jpg china-sensya.jpg bouei.jpg kita-kokki.jpg q20.gif nitiromap011.jpg afurica_16c.png renai_intr1.jpg shin_01.gif mimana.jpg 草原の道 ghana-daihyou.jpg gaito.gif yami-ichi.jpg tateanashiki-juukyo.jpg bot06ph6.jpg netuzoucyon.gif shoda20030116-06s.jpg muboubi-man.jpg yasukuni050815.jpg kaisan.jpg ero-kyoiku.jpg shigen-dorobou.jpg 0808e_iti_arson311340.jpg The_Last_Samurai_3_1024.jpg sinagaki.jpg futouna_genkokudan.jpg korea-kyojou.jpg koreansoldier.jpg vip-vs-vank.jpg dog.jpg karate-pakuri.jpg ハングル教科書 chousen-dic.png erokyoiku-book.jpg 02420yuji.gif china_sakana3.gif UN.jpg tattahitotunotakaramono.jpg blue.jpg ishihara-okinotorisima.jpg hibiya.jpg okazaki2.gif baikoku-kouno.jpg stomping.jpg cyosencar.jpg han.jpg onode-enjiwo-osou.jpg korea_uragiri.jpg goutou.jpg ate-Shot_11.jpg ishihara2.jpg fukuokasatsujin.jpg amenoyasukuni.jpg asiagou.gif 橋 k-petoronas0.jpg china-shitugyou.jpg soushikaimei.jpg mercury_story5.gif den3_zu5.gif muneo.jpg 141004hashimoto20.jpg ebijoniru.jpg od2.jpg ODA 初等教育の発展 nisegaisha.png kanji3.jpg kujira.jpg tamashi.bmp tosupo.jpg masukomi.jpg osousiki200508141300.jpg sankikyukoutou.jpg chousen-goumon.jpg nekoguruma.jpg nandaimon1897.jpg dojin.jpg hagetaka.jpg jikkai.jpg kyanberu.jpg terrorist.gif baka_samurai.jpg
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。