はてなブックマークに追加 

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!

はてなブックマークに追加 

2010年01月25日 (月)

アメリカを批判するとすぐに”疑惑”が発覚

 今、小沢幹事長と検察の闘いが熱い。熱くなる前に、一歩下がって冷静に、過去の歴史を振り返ってみたい。卑近な例として、久間元防衛大臣に関して次のような問題があった。
・アメリカを批判するとすぐに”疑惑”が発覚
 暴かれた[闇の支配者]の正体 p126
 2006年暮れから翌年にかけて、現役閣僚によるアメリカ批判が話題になった。旧経世会出身である久間防衛大臣のイラク批判である。
 
 「大量破壊兵器の証拠もないのにイラク戦争を仕掛けてきたブッシュ大統領は間違っていた」
 
 久間は「一政治家の意見」と前置きしつつも、記者会見で一貫してイラク戦争を支持していないことを公言している。
 
 防衛大臣が繰り返しアメリカ批判をしていることは、当然アメリカ政府やそれに追従する日本人から見れば不快極まりないことだ。アメリカ政府は何度も抗議を申し入れたほか、来日したチェイニー副大統領が久間防衛大臣との会談を事実上拒否し、その頭越しに幹部自衛官と面会するなど、有形無形の圧力を強めている。
 
 そもそも、イラク戦争には何の大義もない。次章以降で明らかにするように、アメリカの一部の勢力が利権漁りのために”証拠”を捏造して仕掛けられたれっきとした侵略戦争だ。日本以外の国では、多くの閣僚・政治家が堂々とイラク戦争を批判しているし、アメリカでもブッシュ大統領に対する国民の批判派強まる一方である。
 
 しかし日本では、小泉氏に近い政治家からこの戦争に対する批判は一切出てこない。ひたすら真実から目をそらし、アメリカ万歳を唱えているだけだ。久間大臣がアメリカべったりの旧清和会ではなく、旧経世会の流れを汲む政治家だからできる批判だろう。
 
 久間の発言が波紋を呼ぶ中、3月になって突然、あるスキャンダルが発覚した。90年代前半、久間が私設秘書の給与を東京都内の貿易会社に肩代わりさせていたという疑惑である。久間本人はこの件に関して無関係を主張し、「10年以上のことだし知らない」と述べた。この他、違法献金疑惑、政治団体事務所を巡る疑惑など、たて続けにスキャンダルに襲われている。
 
 久間は佐川急便事件などでも名前があがったスキャンダルの多い政治家だから、これらの疑惑は事実かもしれない。しかし、問題はタイミングである。なぜ10年以上前の話が、彼のアメリカ批判が問題になっている今、浮上してくるのか。しかも、田中、辻元と同じ秘書給与疑惑である。ほとんどの政治家が、秘書給与に関しては後ろ暗い部分を持っている。ここを突けば誰でも傷があるのだ。
 
 これも、久間失脚を狙うアメリカ政府か、その意を受けた政府内の勢力が仕組んだスキャンダル発覚だと思う。あまりにもタイミングがよすぎるのだ。ここにも、アメリカ批判が政治家にとっていかにリスキーな行為かを示す、揺るぎない証拠がある。
暴かれた[闇の支配者]の正体
暴かれた[闇の支配者]の正体
おすすめ平均
starsカナダの先住民族は誰に支配されてるの?
starsあきれてしまう、、
stars”世界皇帝” デビッド・ロックフェラーを中心とする金融資本家達が世界の政治・経済をうごかしていることを解き明かす1冊
starsオカルト本、トンデモ本とは一線を画する力作!
starsおもしろい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 小沢幹事長も久間元防衛大臣のようになるのか?本当に、これで、良いのか?

東京地検特捜部を裏で動かしているのは誰か???
 文芸評論家・山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』 2009-03-04
表が駄目なら裏世界があるさ、というわけだろうか、小泉元首相が、表の政争の世界で、麻生内閣への「倒閣運動」からの「撤退宣言」をしたのが一昨日だったが、その翌日、つまり昨日(2・3)、東京地検特捜部が、小泉「撤退発言」に呼応するかのようにタイミングよく、すばやく動いて、小沢一郎・民主党代表の政策秘書を、「西松建設献金疑惑」という嫌疑で逮捕し、小沢後援会事務所を家宅捜索までしたというわけだが、まさに今、盛り上がりりつつある『かんぽの宿疑惑』事件の火消しと隠蔽工作としては、なかなか格好のニュースと映像が出来上がったわけで、とすれば、この二つの「事件」に、何か因果関係はないのだろうか、と疑いたくなるのは当然だろう。それとも、何か共通するものが、この二つの事件の裏で動いたのだろうか。僕の持論である「小泉純一郎、ないしは、小泉一派が『政治的危機』に陥ると、意外な事件が捏造され、逮捕者が出る…。そして肝心の『政治的危機』は隠蔽される。」という小泉政権時代の政治手法の定式にしたがえば、おそらく、ありえない話ではなかろうと思うのだが、とりあえず、安易な速断は控えておこう。実は、ディープな政界情報の分析誌として名高い「小野寺光一メルマガ」(国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン)はかなり早い時点で、つまり1月17日配信の記事で、小沢一郎をターゲットにした、こういう陰謀染みた政治的謀略事件の到来を予告していたわけで、参考までに引用しておこう。少し長いが、是非、最後まで読んでいただきたい。何かが見えてくるはずだ。


小沢一郎を守れ<西松建設事件は政権交代を阻止するために「亡国の人物」によって用意された国策捜査か?>
 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン 2009/01/17

http://www.mag2.com/m/0000154606.html

2008年 1月17日配信



小沢一郎を守れ<西松建設事件は政権交代を阻止するために

「亡国の人物」によって用意された国策捜査か?>




小沢一郎

http://jp.youtube.com/watch?v=5rdayGWsggY

再生回数: 34,782



小沢一郎を守れ


私は、メルマガ創刊当初から、「もし、民主党が、政権交代したいのであれば

(自由党と一緒になって)小沢一郎を党首にすべきである」と主張してきた。

民主党は、鳩山→菅直人→岡田→前原と代表が変化して

その間、ずっと選挙では、民主党は自民党に負け続けていた。

最後の、前原のときは、まさに「民主党解体」の危機にいた。

そして、最後の最後に小沢一郎が代表となった。

このときの自民党の「猛反対ぶり」はものすごかった。

彼らは、「小沢一郎だけが怖い」のである。

そして、小沢一郎が民主党のトップになってから、「本当に政権交代する」

べく民主党は「進化」しはじめたのである。

そして、自民党は、森→小泉→安倍→福田と、何の実力ももたないと

思われる人物がトップについてきた。

そしていま、麻生になった。歴代の森派の面々よりはましではある。

しかし小泉政権のとき以来の「亡国の人物」がいまだに政界で

暗躍している。

何とかして小沢一郎を失脚させたいとする、

「小泉政権の亡国の人物」

による「あるプラン」が進行中である。

「あるプラン」とは、小沢一郎氏について

「ある大々的なスキャンダルをねつぞうすること」である。

これを大々的にやる予定で現在、「小泉政権の亡国の人物」は動いている。

「人を冤罪(えんざい)ではめることに最も剛腕な人物」である。

今このまま民主党が、小沢がトップであれば

次期衆議院選挙において、「本当に政権交代」がなしとげられてしまう

可能性が、がぜん高くなってきているからである。

「選挙で負ける、権力を失ってしまう」ことに比べたら

相手を、ねつ造してわなにはめることのほうがましだと考えても不思議ではない。

「もし、政権交代してしまったら」

実は、この「小泉政権の幹部」には、とても困ったことが起きるのである。

それは、今まで、政治の人事力によって抑えてきた

官僚(特に検察や警察)に対するコントロールが利かなくなってしまう。

つまり

「東京地検特捜部」や「警察」が自らに対しても牙をむいてくることが

ありうるということである。

「眠れる獅子」が起き上がる可能性が高い。

今までやってきた売国政策がすべて表に出る可能性が高いからである。



今まで、東京地検や警察は、人事面で政治家に

牛耳られてきた。

つまり、売国奴が

与党政治家や秘書官にいて、法務大臣職を自分たちの派閥で

占めていれば、

「汚職」疑惑を検察にかぎつけられても、即座にその検察の責任者を

とばしてしまえばいい。というわけだ。

つまり、「政治」が「行政」の「人事権」を完全に握ることで

「政治」は、悪質を極めることが可能なのである。

日本では「政治(立法)」「行政」「司法」の3権分立を

唱えてきているが、これは、あくまで「平時」のときである。

いざとなったときには政治に従属してしまう。

小沢一郎という人物は、とても「政治」と「金」という問題に

ついて、慎重を極めている人物である。

つまり、違法なことをやらないのだ。

私は、握手してみたことがあるが、その時の印象は、

とても内面的に気高い人物であるということだ。

しっかりしていて日本の「国家」というものを背負っている、

体現している人物であるという印象がとても強かった。

と同時に、「この人ほど、テレビでのこわもての印象と実際の

(雰囲気として持っている)優しさとの差がある人物は珍しいな」

と感じた。



そして、もう一つ感じたことがある。

小沢一郎氏に感じたのは、「他人に起こった良いことを

まるで自分のことのように喜んでくれる」だろうというところである。

これが、おそらく他の政治家と決定的に違う点である。

(多分)小沢氏に「こんないいことがありました」と

いえば、「ああ、本当。それは良かったねえ。本当に良かった。良かった。」

と、笑顔で、心の底から、そう思ってくれるような人だと

私は感じた。

私はその後に、小沢一郎を本気で応援しようと決意したのだ。

一方、私は、菅直人や、鳩山由紀夫氏、

その他大勢の政治家の人たちと握手したりしたことが

あるが、「他人に起こったことをまるで自分のことのように

喜んでくれそうだ」と感じた政治家は一人もいなかった。

みんな、どこか「自分の政策を主張すること」や、

「かっこをつけること」

「人から自分がよく見られること」、「人気を得ること」

「話していて明るい人だと思われること」が最優先事項

である印象を受けた。

一方、小沢一郎氏の場合は、「他の人に良いことが起きること」

に「最も喜びを感じる」ようなところがあるように思う。

おそらく、ここのところが、

他の政治家と小沢一郎氏が決定的に

異なるところである。

ここが違うから小沢一郎氏がトップになると

多くの人が「動く」のである。たぶん。

一方民主党のほかの政治家は自分たちの「政策」

や「生き方」が支持されていると勘違いしている。

ちなみに小沢氏のそういうところはテレビでは全く

伝わらない。

平野貞夫氏の

「虚像にとらわれた小沢一郎」という本の中に

小沢氏が、政治資金の問題や選挙違反の問題に

とても高い見識をもち、どんな些細だと思われることも

やらないようにしているところが書かれている。

しかし、一方で

この総理大臣候補である野党党首を

失脚させるために、亡国の小泉政権幹部が

用意したと推定されるのが

西松建設事件という国策捜査である。

この西松建設事件が奇妙なのは、「告発」によって

成り立っているということだ。

以前、この「告発」した人物は、会社における使い込みか

何かで一度西松建設を

辞めさせられていると報道されている。

そして、奇妙なことにこの「政権交代」が現実になってきたこの

時期に、東京地検特捜部に西松建設を告発して

「事件化」しているのである。

私は、それに加えてとても奇妙なことにも気づいた。

この西松建設のことがまだ報道されてもいない時期に、

ヤフーの検索で

小沢一郎と入力すると

なぜか 「小沢一郎 西松建設」とセットで

検索する選択肢が表示されるのである。

そして、最近では、小沢一郎と入力すると

今度は、「小沢一郎 逮捕」と表示が出るように

なった。これは、まずい。



そしてヤフーの質問掲示板で

「もうすぐ、小沢氏はスキャンダルが出て失脚すると思いますが」

と、明らかに、小泉政権元幹部側にいるネット専従班と推定

される人たちが、小出しの「世論操作」を行っている。

つまり情報操作がなされているのである。

ヤフーというのは、一般の人はあまり知らないかもしれないが、

この「情報操作」ではないかと推定されることがある。



私は経験した。

私は以前から、ヤフーのメーリングリストで

このメルマガを転送配信しているが、

郵政米英化に反対したときから、小泉政権側から

目をつけられたらしく

さまざまに「妨害」を受けている。

私のアドレスを偽装して何者かが

メーリングリスト内に侵入して、

私の代わりに一週間にわたり

「エリザベス」というコンピュータウイルスが

私のメーリングリストに流されたことがあった。

このことは内部者以外できないと思い、

そう推定して

メーリングリストに「警戒してほしい」と

流したが、それで侵入者は

ばれたと思ったのか

そのあとはピタッと止まった。



私に対してのブラックPRを行うサイトもあるが

このブラックPRを行うサイト「SHIGEZO69」も、

不思議とヤフーで「上位表示される」のである。

(このSHIGEZO69はネット上でのクレーマーである)




言論弾圧として某政府筋から利用される批判サイト

http://www.asyura2.com/0601/bd43/msg/172.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/102.html





今でもヤフーで「小野寺光一」と入力されると

2ページ目あたりに「上位表示」される。

私は、不思議だと思って、調べたことがあった。

するとおどろくべきことを発見した。

一日にせいぜい150もアクセスがなく

本人も「ほとんどアクセスがありません」と

自嘲ぎみに書いていたが、

私に対する批判を書いたがためだろうが

ヤフーの「リンク数表示」で調べると

当時、なんと1996もリンクされているという

設定になっていたのである。

実際にリンクしている

ところなどほとんどなかったにもかかわらず。

ちなみに同じ検索エンジンの

GOOでは60ぐらいだった。

この設定は、実は外部からでは通常わからない。

私が調査したのは、ネット上の専門的なツールを駆使できる業者を

使ったため、そういう、検索エンジン内部でリンク数を水増ししている

実態まで暴けるのだ。

<西松建設という国策捜査疑惑>

この西松建設の「告発者」が

何らかの虚偽にもとづく

告発をするということで

小泉政権の亡国の人物(今回の渡辺善美議員の

離党劇のプロデユーサー)

と裏で話がまとまっているのではないか?

<国策捜査>

検察も「国策捜査」をするかもしれない。

国策捜査とは、与党の介入を受けて

基準を大幅に引き上げることを指す。

政治的なライバルを失脚させることによく使われる。

たとえば、

別に問題のない政治献金であっても

「違法な政治献金」として無理やりに

解釈しなおすのである。

<植草事件にみられる政治的失脚を企図した痴漢でっちあげ逮捕劇>

植草一秀氏を以前、財務大臣にしようという流れが

自民党であったらしいが、その直後に

小泉政権の亡国の人物が神奈川県警を使って

植草氏を痴漢にしたてあげて逮捕。

無理やりに「失脚させた」ことがあった。

そのあとも「りそな銀行インサイダー取引を追及される」

と2度目の逮捕、検察をフルに利用して150日以上の

勾留、裁判でも有罪と

していった。

この植草事件についても

奇妙な「痴漢をしていたところ見ましたよ」という

でっちあげではないかと思われる、矛盾にみちた証言を

行う人物が出廷。

この矛盾にみちた証言をする人物がタケノウチというが、

稲川会横須賀一家出身で小泉の選挙本部長を長年やっていた

人物もタケノウチ。同じ苗字である。

その発言の矛盾を追及した副裁判官は、突然、次の裁判時には

人事異動で交代。

<ロッキード事件も虚偽告白>

以前、ロッキード事件のときも

コーチャン氏の虚偽告白で

田中角栄が失脚。

魂を失った日本はその後、20年あまりで

大不況にいたる。

おそらく、来週あたりに

小泉政権の元幹部の強力なプッシュで

検察を使った「小沢一郎失脚劇」が

始動する可能性がとても高い局面になってきた。

われわれは、この謀略を何とかする必要がある。

それは

検察の特捜部に

意見をいうことである。

手紙を書こう。

東京地方検察庁ホームページ

http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/tokyo/tokyo.shtml



東京地検特捜部長殿

連日、西松建設の事件がマスコミによって報道されていますが、

私が懸念するのは、「与党側から引き起こされている

野党党首の政治的失脚劇」ではないかと

いうところです。

いうまでもなく、自民党は小泉政権になってから、

ライブドアの堀江氏の事件、

日本道路公団民営化においてオリックス幹部が

高速道路を違法に売却できないかを画策していた

ため捜査しようとしていた北島部長を更迭

しています。

その一方で佐藤優氏、鈴木宗男代議士を

国策捜査によって逮捕して

政治的失脚を引き起こしました。



厚生労働省の事務次官は、「年金問題」のカギを

握る人物ですが、惨殺されています。

今回、日本国民は、今の政治に嫌気がさし、

政権交代させようという機運が高まっています。

と同時に与党側から

さまざまに民主党党首に対する

マスコミを使った「攻撃」がなされています。

その特徴は「虚偽告発」や「違法ではないのに

強引にねじまげて解釈すること」

がとても多いと思います。

最近、大相撲を民営化しようとしていた

勢力が、力士に金を渡して虚偽告発を

させていましたが、

この「虚偽の内容を告発させる」という

手法をとてもよく使っているのが目につきます。

これ以上、国民の目から見て

国策捜査をしてしまったら、

検察の威信は地に落ちてしまいます。

そして中立であるべき行政が

政治に利用されることになりかねません。

今回、政権交代を阻止するための

野党党首に対する、「虚偽告発」を

元になされる国策捜査に発展しないか

と懸念しています。

今回のこの西松事件は、告発をもとにしていると

報道されていますが、この「告発」に

虚偽が入っていないかどうか慎重に

捜査していただきたく思います。



国民の一人として感じますが

今回の西松建設事件は、野党党首を政治的に

失脚させるために背後で与党幹部が

用意した「時期が唐突な告発事件」であり、

その告発には、虚偽の告発も

含まれるのではないか?と懸念しています。

虚偽の告発によって逮捕劇など

なされてしまえば、このもくろみである

「政権交代阻止」「野党党首に対しての

国策捜査を行い失脚させる」は

現実化してしまいます。

たとえ、虚偽の告発であったと

あとでわかったとしてももう遅いのです。



今、日本という国家は危機を迎えています。

もし、この政治的緊張に対して

安易に国策捜査をしてしまったら

与党の独裁となります。



おそらく、「霞が関解体」は現実のものとなり、

日本という国家は、外国資本に「行政」も

占領されてしまうでしょう。

現実に、国家公務員に外国人採用をしようという

流れになっています。

多くの国民が、この西松建設事件は、「政権交代を阻止するための

国策捜査」になるのではないかと懸念していると思います。

以上

東京地方検察庁ホームページ

http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/tokyo/tokyo.shtml



<過去にえん罪にはめられた代表的な人物 田中角栄>

田中角栄

http://jp.youtube.com/watch?v=3IICS3Hsyy8

再生回数: 7,108

http://jp.youtube.com/watch?v=EoeDB8SONX8&feature=related

再生回数: 48,642

この田中角栄の政治によって

日本は世界最強の経済大国になってしまった。

これを脅威に感じたロックフェ○ーがオイルショックを引き起こし

ロッキード事件を引き起こした。

http://jp.youtube.com/watch?v=Z5ch39IvJBc&feature=related

再生回数: 63,284

このロッキード事件が、成功したために

田中角栄は失脚した。

もし田中角栄がブラックPRにまけずに

今も健在だったら、年金も良かっただろうし

景気は右肩上がりだっただろう。

こんな大不況になどなっていない。

いわば、日本の将来を殺したのは、当時の無責任な

マスコミと世論に迎合した検察とそれを支持した

日本人そのものだったのだ。

田中角栄消された真実

http://www.amazon.co.jp/

木村喜助著

田中角栄の真実

ロッキード事件で田中元総理と榎本敏夫元秘書官の弁護人として、

最初から最後まで関与した著者が、

弁護人からみたロッキード事件というものを振り返り、

田中元総理の人柄の一端を述べた。

マスコミが喧伝したような明々白々とした事件ではなく、

一、????二審で有罪判決は出たものの田中は無罪であり、

百歩譲っても限りなく不透明な事件で有罪にはできない事件

であることを明らかにしている

田中角栄は世上言われているような、金権政治家ではない。

ロッキード事件で第1審から最高裁まで田中角栄

榎本敏夫両被告人の弁護を担当した男性が語る真実とは一体何か。



(アマゾンでの書評)

この本を読む前は、弁護人の苦しい弁明が書き連なっていると思っていた。

しかし、読むにつれ 「田中角栄の真実」いや「ロッキード裁判の真実」

が見えてくるのだ。

立花隆氏の分厚いロッキード本との違いは、この本には、

憶測がほとんど書かれていない

ということであろう。

一人の天才政治家が国家権力に蹂りんされていく様子は、異様というほかない。

中世の魔女裁判は、初めに有罪ありきであった。

このような裁判が、現代、しかも元総理に行われた事実に愕然とする。

「なぜ見も知らぬコーチャンという男の証言のために被告席に座らされ、

何一つ抗弁を許されないまま、有罪判決を受けなければならないのか」

という悲痛な言葉がこの裁判の本質を表している。

虚像のみが報じられ、事実を歪めるマスコミ。

何らかの力が働くとでっち上げに近いことをして罪をきせる日本の司法。

もう一度、ロッキード裁判を徹底検証することにより日本の病巣が見えて

くるような気がする。



国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン

http://www.mag2.com/m/0000154606.html



「経世会」と「清和会」
 オムニバス 2010年01月06日
 今ランキングが高い記事の多くは、東京地検特捜部による小沢民主党幹事長に対する異常とも言える「国策捜査」への批判記事です。

 その中で特に注目したのは、1月3日の投稿記事「東京地犬特捜部」http://asyura.com/10/senkyo76/msg/1128.html のコメント欄に書き込まれた【「経世会(旧田中派)」VS「清和会」】の記述でした。

 東京地検特捜部がこれまで摘発し失脚させた主な自民党政治家の名前を列挙したリストですが、すべて田中角栄元首相の流れを汲む「経世会」の政治家たちなのです。

 対照的に岸信介元首相の流れを汲む「清和会」の政治家たちは誰一人として摘発されず全員が「安泰」なのです。

 以下のリストをご覧ください(* の項目は私が原文に追加したものです)。

▲「経世会(旧田中派)」VS「清和会」

(田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件(←東京地検特捜部)
(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件(←東京地検特捜部)
(経世会)金丸信失脚逮捕 佐川急便献金・脱税(←東京地検特捜部&国税) 
(経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件(←東京地検特捜部)
(経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

(清和会)岸信介    安泰
(清和会) 佐藤栄作   安泰 *
(清和会)福田赳夫   安泰
(中曽根派)中曽根康弘 安泰 *
(清和会)森 喜朗    安泰
(清和会)三塚 博   安泰
(清和会)塩川正十郎  安泰
(清和会)小泉純一郎  安泰 *
(民間) 竹中平蔵   安泰 *
(清和会)尾身幸次   安泰
(清和会) 安部晋太郎  安泰 *
(清和会) 福田康夫   安泰 *
(麻生派) 麻生太郎 安泰 *
(清和会) 中川秀直 安泰 *
(清和会) 町村 信孝 安泰 *

▲なぜこれほどまでに露骨に色分けされているのでしょうか?

 それは「清和会」をつくった岸信介元首相と「経世会」をつくったの田中角栄元首相がとった「米国との関係」の違いに根本原因があると思われます。

 「清和会」の岸信介元首相と米国との関係は、対等や従属どころの話ではなく彼はCIAに金で雇われた米国の利益代理人=エージェントだったのです。

 このことは日本の大手マスコミは一切報道しませんが、岸信介元首相がCIAに雇われたエージェントであったことは情報公開された米国務省資料や米公文書館資料ですでに証明されていることです。

 ピューリッツア賞受賞のティム・ワイナー・ニューヨークタイムズ記者が書いた『CIA秘録上』(文藝春秋社)の第12章「自民党への秘密献金」に詳しく書かれていますのでぜひお読みください。

 他方「経世会」をつくった田中角栄元首相は、1972年夏電撃的に中国を訪問して「日中国交正常化」を実現しました。また米石油メジャーの独占支配に抗し、日本独自のエネルギーや資源の確保に向けて積極的に「日の丸外交」を展開したのです。

 同じ時期「米中国交正常化」を秘密裏に計画していたニクソン米大統領の特別補佐官キッシンジャーは田中角栄に先を越されたことに烈火のごとく怒り、「ジャップは最悪の裏切り者」と口汚くののしったと、解禁された米公文書に書かれています。

■「ジャップは最悪の裏切り者」 72年にキッシンジャー氏 共同通信 2006/5/26
(http://www.asyura2.com/0601/senkyo22/msg/475.html 阿修羅掲示板より) 
▲結論

 戦後の日本は見かけは独立国ですが実体は米国の植民地そのものであり続けてきました。

 日本人が営々として築いてきた富は米国と日本人エージェントに収奪され続けてきたのです。日本人の生活は破壊され人権は侵害され続けてきたのです。

 米国は米国の利益を第一に考える「清和会」系の政治家を代々日本の首相に据えてきました。

 田中角栄氏などのように、米国の意向にそわない「経世会」系の政治家が国民の広範な支持で首相となり反米的な独自政策を実行し始めたとたん、米国はCIAや公安警察が集めた個人秘密情報を基にして東京地検特捜部に「国策捜査」を指示するのです。

 日本の大手マスコミはCIAの支配下にありますので、東京地検特捜部の「国策捜査」に全面協力し「世論誘導」して「何も知らない国民」をだますのです。

 現在進行中の東京地検特捜部による小沢民主党幹事長に対する異常とも言える「国策捜査」の背景には、米国と日本人エージェントの「小沢つぶし」と「民主党政権転覆」によって「新たな日本の支配体制」を確立する明確な意思があると思われます。

 私たちが今なすべきことは、米国と日本人エージェントたちが死に物狂いで仕掛けている「小沢つぶし」→「民主党政権転覆」→「新たな日本支配体制確立」の意図を見抜き、大手マスコミの「世論誘導」にだまされずに東京地検特捜部の「国策捜査」を批判してつぶすことです。

 私たちが今なすべきことは、せっかく政権交代を実現したのですから、民主党政権を米国と日本人エージェントたちの「謀略」から守り、「戦争」と「謀略」と「人権侵害」の国=米国から一刻も早く日本が「独立」するようにすべきです。

 私たちが今なすべきことは、「日米安保条約」を即時に破棄して日本の国土から米軍基地を全面撤去させることです。

 私たちが今なすべきことは、日本の国益ではなく、米国と自己の利益を第一に考え「謀略」に加担する日本人エージェントを特定して「彼ら」の責任を徹底的に追及することです。

 小沢幹事長の4億円疑惑の解明よりも、我々の税金を5兆円投入して経営再建した長銀をたった10億円でリップルへ売払った前与党の自民党(特に精和会)の闇をまず解明すべきだと個人的に思う。政権交代を実現させた今の小沢民主党ぐらいしか、解明する力がないと考えるからだ。

 自民党の闇の部分は、りそな問題、アメリカ自身もやらない郵政民営化問題(1500兆円の資産)、大量破壊兵器のなかったイラクへの派兵問題など多々あるが、このまま検察によって隠蔽されてしまうのだろうか・・・

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!
 本ブログを通してもamazonさんから同じ価格、同じ手間で書籍をご購入頂けます。ここを通したときとの違いは、amazonさんの利益の一部が、私の収入となるか否かの違いです。ここで得た収入を次の更新の仕込みとして書籍購入に活用させて頂きますので、ご興味のある書籍がありましたら、こちらを通してご購入して頂けると助かります。


 

 

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

貴方の真意は?

中韓人の粗暴さを御存知の貴方が、
幾つもの売国法案を押し進める民主党を擁護するのとは・・・
中国共産党の工作員かと疑ってしまいます。
日本がユダヤ指導のアメリカ傘下なのには違和感を感じません。
縄文人がアラブ系なのは昨今の遺伝子研究で明らかですし、
神道や菊の御紋など共通点も多いですから。
戦前から存在した日ユ道祖論を中韓人は必死に否定しますが、
ルーツは自分達だと嘯いて日本を侵略したい彼等には都合が悪いのでしょう。
民主党によって中韓の奴隷に成り下がるくらいなら
自民党を操るユダヤに牧畜された方がマシだと家族会議しました(苦笑)

Re: 貴方の真意は?

> 民主党によって中韓の奴隷に成り下がるくらいなら
> 自民党を操るユダヤに牧畜された方がマシだと家族会議しました(苦笑)

その理屈で言えば、
自民党を操るユダヤの奴隷で十分ならば、民主党内のマエバラらを操るのも
同じユダヤなので、どちらでも良いのでは?

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201002/article_2.html

ちなみに、当方は、どちらも拒否する立場です。

緊急拡散《「過去現在未来塾」発足記念講演会》(4月10日:日比谷公園野外音楽堂にて開催)

緊急拡散《「過去現在未来塾」発足記念講演会》(日比谷公園野外音楽堂:平成22年4月10日午後2時~6時まで!)

【「過去現在未来塾」発足記念講演会】開催にあたって。
時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。皆さまのお力添えのもと、国会で仕事をさせていただいてきたものとして、永田町から離れ、現在の混迷した政治 状況を国民目線で見ていて慚愧に堪えません。
それは、国民の規範意識と国会議員との温度差が、あまりにもかけ離れていることであります。
そして、その問題が倫理観のみならず、国家意識が欠落している国会議員たちによって、国の将来を危うくし、日本解体に直結する「外国人参政権付与法案」 「夫婦別姓法案」「戸籍制度廃止法案」や、外国の子供にも支給できる「子ども手当」などが、矢継ぎ早に繰り出されているからであります。
そこでこの度、この日本の危機感を一人でも多くの国民と共有し、広く理解して戴けるように「過去現在未来塾」を創設することに致しました。
尚、「過去現在未来塾発足記念講演会」は、4月10日(土曜日)午後2時から6時まで「日比谷公園野外音楽堂」で開催することになりました。
基調講演は、現在の混迷状況の核心を『よみがえれ国家意識』との演題で、西尾幹二先生に講演して戴けることになっております。
昨年、10月27日の【「日本解体法案」反対請願受付国民集会】にご参集いただいた約5000名の方々の熱気を、日比谷公園に再現できたらと切に願ってお ります。
また、当日は今上天皇陛下のご成婚記念日でもありますので、日比谷公園の満開の桜とともに祝って戴ければ幸いです。

平成22年3月吉日
「過去現在未来塾」塾長:中山成彬元文科大臣
※詳細は、事務局から随時インターネット上にて発表しますので、ご確認ください。

【過去現在未来塾発足記念講演会のご案内】
■日時: 4月10日・午後2時~6時  開場: 午後1時より
■場所: 日比谷公園野外音楽堂
【日比谷野外音楽堂登壇者】
●主催者挨拶: 中山成彬「過去現在未来塾」塾長
●基調講演: 西尾幹二先生『よみがえれ国家意識』
●以下の登壇者は、現・前職国会議員、大学教授、文化人、ジャーナリストなど。
●司会: 西川京子
■入場料無料:尚、当塾のシンポジウム等、今後の啓蒙活動などは、広くご賛同戴ける皆様方からの浄財に支えられて運営されますので、当日入口付近にてカン パを受け承りますので、宜しくお願いいたします。
■主催: 過去現在未来塾
■実行委員: 土屋たかゆき・戸井田とおる・水間政憲(事務担当090-5560-9728)
■【過去現在未来塾】設立の趣旨にご賛同いただける団体・組織が御座いましたら、インターネット上に掲載させて戴きますので、事務局へ FAX(03-3269-5873)にてお申し込み下さい。

《「過去現在未来塾」設立の趣旨》
●日本の伝統と文化を紡いできた先祖に感謝し、これからも国民の生命と財産を守り、文化的でうるおいのある生活を実現できる社会を目指して、活動する。
● 国権の最高機関である国会においては、日本人が日本の末永い安寧を願い、国民の安心と安全を確保することを基本として法律を作る環境を整える。
尚、日本の根幹を破壊する、「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓制度法案」「戸籍制度廃止法案」「偽装人権擁護関連法案」「1000万人移民推進法案」 「二重・三重国籍(重国籍)法案」や〈日本に居住していない外国人の子供にも「子供手当」を支給する法案〉など、日本国の解体につながる法案を断固阻止及 び廃止する啓蒙活動を実施する。
●国際化の時代における日本の在りかたとしては、日米同盟を機軸とし、国連など国際機関の趣旨を尊重するが、日本の国益を損ねないように国民の合意を優先 できる環境を整える。
●教育現場の教員が、「労働者」から本来の崇高な「教育者」への意識に戻れる、教育改革を実現できる環境を整える。
●英霊の追悼は、靖国神社並びに全国の護国神社を国民の追悼施設と認識し、国民が日常生活の中で感謝と哀悼の意を表することができる環境を整える。
尚、未帰還の御遺骨115万柱は、最後の「1柱」までの御帰還を目指し、緊急に収集事業環境を整えることとする。
●拉致被害者帰還事業は、総理官邸に直轄の「拉致被害者帰国推進本部」を設置して、日本国の威信をかけて推進する環境を整える。
●御皇室の弥栄を祈り、御皇室の継承者問題に関して、「過去現在未来」の国民の声に耳を傾け「皇室の伝統」を尊重できる環境を整える。
以上の主旨に則して当塾は運営されます。

【過去現在未来塾概要】
■塾長: 中山成彬先生
■講師陣: 伊藤玲子(日教組問題など)、島袋伸子(お産問題など)、土屋たかゆき(民主党マニフェスト違反問題など)、戸井田とおる(靖国神社公式参拝問題など)、 西川京子 (女性問題法案など)、牧原秀樹(二重・三重「重国籍」問題など)、水間政憲(歴史認識問題など)
■事務局: 中山成彬東京事務所
〒162-0845東京都新宿区市谷本村町3-17パシフィックレジデンス市ヶ谷904号室
*FAX03-3269-5873担当: 水間(090-5560-9728)
■塾員に登録希望の皆様は、事務整理の都合上、往復「ハガキ」にてFAX番号かメール番号を明記の上お申し込み下さい。講演会の御案内等をFAXかメール にて送信します。
■尚: 塾員会費は無料です。
以上
【転載フリー(チラシなど)】ジャーナリスト・水間政憲 http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
人気 blog Ranking
ご協力お願いします
ワン♪

推薦図書
購入できないのであれば、図書館で借りてでも是非読みたい、この一冊。
関連商品
書籍検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
fc2アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク

経済コラムマガジン
月刊・沈黙の兵器
日本軍事情報センター
石原慎太郎エッセイ『日本よ』
眞悟の時事通信
森田実
国際派日本人養成講座
パクリ大国 南朝鮮
nikaidou.com
BLOGリンク
朝鮮かるた
ちょうせんかるたで時事を学ぼう!
かるたをクリックして記事確認
karuta_i.jpg karuta_ro.jpg karuta_ha.jpg karuta_ni.jpg karuta_ho.jpg karuta_he.jpg karuta_to.jpg karuta_ti.jpg karuta_ri.jpg karuta_nu.jpg karuta_wa.jpg karuta_ka.jpg karuta_yo.jpg karuta_ta.jpg karuta_re.jpg karuta_so.jpg karuta_tu.jpg karuta_ne.jpg karuta_na.jpg karuta_ra.jpg karuta_mu.jpg karuta_u.jpg karuta_wi.jpg karuta_no.jpg karuta_o.bmp karuta_ku.jpg karuta_ya.jpg karuta_ya2.jpg karuta_ma.jpg karuta_hu.jpg karuta_ko.jpg karuta_e.jpg karuta_te.jpg karuta_a.jpg karuta_ki.bmp karuta_yu.jpg karuta_me.jpg karuta_n.jpg karuta_mi.jpg karuta_shi.jpg karuta_we.jpg karuta_hi.jpg karuta_mo.jpg karuta_se.jpg karuta_su.jpg karuta_n.jpg
QRコード
携帯からもアクセス
QR
プロフィール

konn43

Author:konn43
基本的に角が立たないように生きてますが、理不尽に尻尾を踏まれると赦せません。
 当サイトは、リンクフリーです。
許可も不要です。記事を引用する際、一言でも良いのでご自分の意見も付け加えて頂ければ嬉しいです。そのご意見がきっと誰かの役に立つと思うので。
 基本的に忙しいので、返信できるかわかりませんが、メールアドレスを一応、公開することとしました。
 konn_seesaa@mail.goo.ne.jp

ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ
・現在の閲覧者数:
・アクセス数:
  (H21.12.29から)

seesaa共用のアクセス数:
 
  (H17.05.07から)
クリックにて記事表示
shinzohossanogenin.jpg abcd.jpg tomohito-sinnou.jpg china-sensya.jpg bouei.jpg kita-kokki.jpg q20.gif nitiromap011.jpg afurica_16c.png renai_intr1.jpg shin_01.gif mimana.jpg 草原の道 ghana-daihyou.jpg gaito.gif yami-ichi.jpg tateanashiki-juukyo.jpg bot06ph6.jpg netuzoucyon.gif shoda20030116-06s.jpg muboubi-man.jpg yasukuni050815.jpg kaisan.jpg ero-kyoiku.jpg shigen-dorobou.jpg 0808e_iti_arson311340.jpg The_Last_Samurai_3_1024.jpg sinagaki.jpg futouna_genkokudan.jpg korea-kyojou.jpg koreansoldier.jpg vip-vs-vank.jpg dog.jpg karate-pakuri.jpg ハングル教科書 chousen-dic.png erokyoiku-book.jpg 02420yuji.gif china_sakana3.gif UN.jpg tattahitotunotakaramono.jpg blue.jpg ishihara-okinotorisima.jpg hibiya.jpg okazaki2.gif baikoku-kouno.jpg stomping.jpg cyosencar.jpg han.jpg onode-enjiwo-osou.jpg korea_uragiri.jpg goutou.jpg ate-Shot_11.jpg ishihara2.jpg fukuokasatsujin.jpg amenoyasukuni.jpg asiagou.gif 橋 k-petoronas0.jpg china-shitugyou.jpg soushikaimei.jpg mercury_story5.gif den3_zu5.gif muneo.jpg 141004hashimoto20.jpg ebijoniru.jpg od2.jpg ODA 初等教育の発展 nisegaisha.png kanji3.jpg kujira.jpg tamashi.bmp tosupo.jpg masukomi.jpg osousiki200508141300.jpg sankikyukoutou.jpg chousen-goumon.jpg nekoguruma.jpg nandaimon1897.jpg dojin.jpg hagetaka.jpg jikkai.jpg kyanberu.jpg terrorist.gif baka_samurai.jpg
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。