はてなブックマークに追加 

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!

はてなブックマークに追加 

2009年06月06日 (土)

NHKへの抗議デモ&大東亜戦争

【H21.7.12 一部追記】
 先日、シルスさんのブログにて、NHKへの抗議デモの動画の存在を知った。これは凄い。しかし、この件に関して、マスコミは黙認とのこと。

どちらも役立たず
 eine kleine Katzen Schelle 2009/06/01(Mon) 12:10
東京のJAPANデビュー抗議デモもすごいことになっていたようですね。参加者1100人(゜▽゜*)
【一般参加】 第2弾-20 チャンネル桜主催 NHKに抗議するデモ in 渋谷
NHKにこれだけ人が入って抗議したなんて前代未聞じゃないでしょうか。それでも報道しない犬HK。日本の公営放送局が「日の丸拒否」とは意味が分かりません。ひょっとして右翼と間違えてる?(笑)国民はNHKをチャイナ電視台と間違えそうです~!

 この動画の中に、”「日本解放第二期工作要綱」でググってね!”という文字が時々表示される。この件に関して、書いた記事をご参考までに以下に記す。

・(H17.5.13)日本の赤化(共産化)工作の一環としての性教育
・(H17.8.23)中国共産党「日本解放第二期工作要綱」

 ちなみに、前者の記事に、中国共産党の工作と同じようなことが記されていた米国による対日占領政策の内容(安岡正篤著)を引用している。このことや、次の書籍を読むと、米中間のパイプが、我々が認識している以上に太いことを改めて思い知らされる。
banner_04.gif

・日中戦争
 戦争を望んだ中国と望まなかった日本
NHKの「放送スペシャル」の傲慢 p94
 2006年の8月13日に放映されたNHKの「放送スペシャル」―日中戦争―なぜ戦争は拡大したのか―は、戦争拡大の原因を日本の主戦派の責任に帰結させている。まるで中国側には、何の関係もなかったかのようである。

 このように、自ら進んで戦争責任を負おうとするのは好意なのかもしれない。しかし中国人から見ると、このように片方だけに戦争責任を求める論法には傲慢さが含まれている。すなわち、日本を日中戦争の主導者とみなし、日本が戦争を拡大しようと思えば拡大でき、拡大させまいと思えば拡大させぬことができたのであり、戦争の方向は日本の意志でコントロールできたというものであるが、自発的に進んで戦おうとした中国人の意志が軽視されている。このような見方は当時の実情に符合しない。

 実際には当時の日本は、決して戦争の方向をコントロールしていなかった。中国側において自発的に日本と戦おうとする意志が高まっている状況では、たとえ日本が戦争を拡大したくなくても、中国側は日本と全面戦争を開始したであろう。

 事実として、日中間の大規模な戦争が開始された本当の発端は、1937年の8月13日に発生した第二次上海事変である。そしてこの戦闘は、正しく中国側から仕掛けたのである(この日、蒋介石は上海に駐屯していた5,000人余りの日本海軍特別陸戦隊に対する総攻撃を命令した)。

 日中戦争が拡大した真の原因を言うとすれば、それは世論に扇動された双方の民衆の仇敵意識であると言わねばならない。1937年7月29日には、通州事件が発生した(日本の傀儡政権である冀東防共自治政府の中国人保安隊が反乱を起こし、首都の通州にいた二百数十人の日本の民間人を惨殺した)。

 通州事件のあと、日本国内では「懲中」(中国を懲らしめる)の空気が巻き起こり、中国国内では「抗日」の空気がさらに高まった。両国が事前に戦争の準備をしておらず、また戦争の目的と結果を考慮していなくとも、日本側の「懲中」と中国側の「抗日」という両国人民の熱狂的な感情に支配され、全く準備がなされていない大戦争が、遂にはちょっとした食い違いから開始されたのである。


林思雲(著):1963年中国南京市生まれ。1985年南京大学を卒業。1992年に留学のため来日。1996年に九州大学で工学博士号を取得後、日本の企業に就職。1997年以降、中国語インターネットウェブサイト上で日中関係をはじめとする様々な分野について個人的な見解に基づく文章を発表し、多くの読者の関心を集めている。

日中戦争

PHP研究所 [著] 林 思雲, [著] 北村 稔
ASIN:4569693008 /単行本/227頁
発売日:2008-10-23
ランキング&評価:---位 5.0
価格:¥ 1,470 [2009-06-06 Amache]
5 - 珍しくかなり公平に書かれた良著


 戦争を望んでいたのは、日本ではなく中国の方であった。同様に、アメリカもまた日本との戦争を望んでいたのであった。

・仕組まれた昭和史
 日中・太平洋戦争の真実 思想劇画
二つの戦争を同時遂行し壮絶な敗北を迎えた日本 p246
真珠湾攻撃から七面鳥撃ちへ
 日本の第二次世界大戦参戦(1941年12月8日の真珠湾奇襲)までの10年間、駐日アメリカ大使を務めたジョゼフ・グルーは、渋沢栄一の息子(渋沢秀雄)たちと協力して必死になって、日米開戦を阻止しようとした。ジョゼフ・グルーは、J・Pモルガンの一族であり、極東におけるロスチャイルド家の利益を代表していた。
 
 ロスチャイルド家は日本に戦争させたくなかった。日本は米ロックフェラー家の策略に乗せられ中国全面侵略をするまでにドロ沼に引きずり込まれた。そしてABCD包囲網の罠にはまっていったのである。

真珠湾攻撃の真実 p212
 アメリカは第二次世界大戦に参戦しない。これがルーズヴェルトの公約だった。ところがルーズヴェルトに公約を守るつもりは毛頭なかった。

 参戦はすでに決められていたからである。
 
 CFR(米財界人による外交問題評議会)では何と第二次世界大戦後の「戦後処理」まですでに検討されていた。
 
 1939(昭和14年)、日米開戦の2年も前のことである。
 
 だが、ヨーロッパの戦争にアメリカが参戦することに当時の国民のほとんどが反対していた。
 
 ロックフェラー家の意向に忠実だったルーズヴェルト大統領はアメリカを第二次大戦に参戦させるために世論を覆す必要があった。
 
 そこで裏口からアメリカを参戦させようと仕組んだ。
 
 1940年(昭和15年)9月27日 日独伊3国同盟締結。この同盟下では、日本との戦争は、すなわち、ドイツ・イタリアとの戦争を意味した。
 
 ヨーロッパ戦線に参戦したかったアメリカは日本を挑発して戦争に持ち込もうと考えた。これが「裏口からの参戦」である。アメリカはこの戦略を進めた。
 
 そのためには、何としても、日本に戦争を仕掛けさせなければならなかった。
 
 (省略)
 
 1941年(昭和16年)11月26日 コーデル・ハル国務長官は日本に最後通牒(ハル・ノート)を突きつけた。
 
 「日本は中国の利権を全て捨てて撤退せよ」との内容であった。深く中国に入り込んでいた日本がこんな要求をのめるはずがなかった。
 
 日本は第三次近衛内閣のときから、ギリギリまでアメリカとの不戦の可能性を探った。 
仕組まれた昭和史―日中・太平洋戦争の真実 思想劇画


日本文芸社 [著] 副島 隆彦
ASIN:453725601X /単行本/263頁

発売日:2008-07
ランキング&評価:---位 4.0
価格:¥ 1,680 [2009-06-06 Amache
5 - 難解な副島さんの話が劇画でとても読みやすくていいです。
5 - ブレイン・ストーミング
3 - こういうの読むと、副島の経済本も、実は同程度にトンデモなんだなと思う
4 - ロシナンテの絵が上手くなってる!
5 - 世界史の中の太平洋戦争。


 実は、中国とアメリカが裏で密かに手を結んでいたのであった。

・日本史から見た日本人 昭和編
 「立憲君主国」の崩壊と繁栄の謎
蒋介石の改宗が示すもの p308
 昭和2年、蒋介石の北伐軍のために張作霖の軍が敗れ、山東軍も敗退し、24,000名以上の日本人が居留する山東地方が戦場になる危険が生じたので第一次山東出兵が決定された。しかし、軍事情勢が一変して、蒋介石の北伐軍が敗北して揚子江南岸まで退いたので山東地方が戦場になる危険がなくなった。

 日本軍の撤収は速やかであったが、日本出兵とともに起こった反日運動と日本品ボイコット運動は全大陸に広まった。それが、北シナや満洲の地方にも及びつつあることは注目を要する。
 
 というのは、この背景にはアメリカの反日運動が連動しているとともに、元来は日本が好意を示していた張作霖が反日の姿勢を示しはじめてきているからである。満洲にも、ソ連から共産党の影響が入り込んでおり、反日・排日運動を支持していたのである。アメリカは山東危機には自国民の生命・財産を守るために協調して出兵したが、広汎な分野で反日・排日を支持していた。
 
 そのころ、北伐に失敗した蒋介石は、浙江財閥の宋美齢と結婚し、キリスト教に改宗した。
 
 「これはおそらく、蒋介石が浙江財閥の宋家を通じて、アメリカと結んだことをも示す儀式であった」(江藤・前掲書p268)
日本史から見た日本人 昭和編―「立憲君主国」の崩壊と繁栄の謎 (祥伝社黄金文庫)

祥伝社 [著] 渡部 昇一
ASIN:4396312024 /文庫/497頁
発売日:2000-02
ランキング&評価:---位 4.5
価格:¥ 750 [2009-06-07 Amache]
5 - 第五次国体変化への道程
5 - 「日本の使命」を奢らず、昂ぶらず語る
5 - 学校では教えてくれない現代史
4 - 中々良い
4 - 良い本である。


 敬虔なキリスト教のアメリカ人信者からみると、金銭のためにころころ改宗する中国人が迷惑だったかもしれないが、それによって利益を得るアメリカン人もいた。

・白人コンプレックス p70
 中華思想
 大量殺人者や、巨額国家資産の横領たちが敬虔なクリスチャンになってはイエス・キリストも困るであろう。

 中国では昔から、キリスト教を「食教」と呼んでいた。飢餓のとき、協会に出入りしていれば白人牧師が食べ物を恵んでくれるからである。中国の外人宣教師は、布教は二の次で実際は金儲けに熱心だった者が多い。信者の数を水増しして報告し、本国から寄付金を余計に集めるのがやり口だ。「哀れなしな支那人を助けましょう」と。
 
 これは余談であるが、日米開戦時のコーデル・ハル国務長官の父は中国で宣教していた牧師である。ルーズベルト大統領の祖父ウォーレン・デラノ2世は、アメリカ第一の阿片(薬剤原料)商人で、広東からの労力(労務者)輸出で巨富を得た人である。儲けさせてくれた国に好意的になるのは当然で、反日的な人物だった。
中国幻想―知られざるチャイナ残酷物語


K&Kプレス [著] 古野 直也
ASIN:4906674275 /単行本/269頁
発売日:2005-06
ランキング&評価:---位
価格:¥ 1,680 [2009-07-12 Amache]


 このようにアメリカと中国が手を結び、共に戦争を望んだ状況の中で、いくら日本が戦争を回避し平和を望んでも、それを実現することが不可能であった。結局、アメリカの挑発にのったかたちで真珠湾を攻撃したが、敗北に終わった。
 
 その後、アメリカと手を結んでいた蒋介石は、第2次世界大戦後の国共内戦において、アメリカに裏切られてしまう。この内戦でアメリカは密かに毛沢東率いる中国共産党を支援していたのだ。

・仕組まれた昭和史
 日中・太平洋戦争の真実 思想劇画
国際金融資本家が操ったエージェントたち p203
裏切られた蒋介石

 第2次世界大戦後、中国共産党は、”国共内戦”で蒋介石の国民党政府を、台湾に追い落とした。何とアメリカは密かに毛沢東側を応援していたのである。蒋介石は裏切られたのだ。旧日本軍の武器弾薬を毛沢東に供与したのが「マーシャル・プラン」のジョージ・マーシャル将軍である。彼は、のちにフランクリン・ルーズヴェルト大統領の下で国務長官(日本で言えば外務大臣)になった。マーシャルは国共内戦を調停するために中国に長くいたが、真実は毛沢東を武器援助で手なづけるためだった。

 アジア地域での共産中国の躍進を結果的に大きく後押ししたマーシャル将軍はおかしい、と気づいたのが、ジョゼフ・マッカーシー上院議員である。後に、マーシャル将軍の行動は、”反共の闘志”マッカーシー上院議員によって徹底的に調査された。マーシャルの親分はJ・D・ロックフェラー2世であった。
仕組まれた昭和史―日中・太平洋戦争の真実 思想劇画


日本文芸社 [著] 副島 隆彦
ASIN:453725601X /単行本/263頁
発売日:2008-07
ランキング&評価:---位 4.0
価格:¥ 1,680 [2009-06-06 Amache]
5 - 難解な副島さんの話が劇画でとても読みやすくていいです。
5 - ブレイン・ストーミング
3 - こういうの読むと、副島の経済本も、実は同程度にトンデモなんだなと思う
4 - ロシナンテの絵が上手くなってる!
5 - 世界史の中の太平洋戦争。



 このようなことから中国共産党とアメリカには太いパイプがあることが考えられるので、冒頭の中国共産党「日本解放第二期工作要綱」と、米国の対日占領政策の内容(安岡正篤著)が例え同じだったとしても不思議ではない。

続く(ポチッとして頂くと、近々、この後に追記するかもしれません)


【追伸】 時間があればこの動画もご覧ください



【関連記事】
・(H19.2.13)秀吉の慧眼によって救われた大航海時代の危機

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!
 本ブログを通してもamazonさんから同じ価格、同じ手間で書籍をご購入頂けます。ここを通したときとの違いは、amazonさんの利益の一部が、私の収入となるか否かの違いです。ここで得た収入を次の更新の仕込みとして書籍購入に活用させて頂きますので、ご興味のある書籍がありましたら、こちらを通してご購入して頂けると助かります。


 

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

人気 blog Ranking
ご協力お願いします
ワン♪

推薦図書
購入できないのであれば、図書館で借りてでも是非読みたい、この一冊。
関連商品
書籍検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
fc2アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク

経済コラムマガジン
月刊・沈黙の兵器
日本軍事情報センター
石原慎太郎エッセイ『日本よ』
眞悟の時事通信
森田実
国際派日本人養成講座
パクリ大国 南朝鮮
nikaidou.com
BLOGリンク
朝鮮かるた
ちょうせんかるたで時事を学ぼう!
かるたをクリックして記事確認
karuta_i.jpg karuta_ro.jpg karuta_ha.jpg karuta_ni.jpg karuta_ho.jpg karuta_he.jpg karuta_to.jpg karuta_ti.jpg karuta_ri.jpg karuta_nu.jpg karuta_wa.jpg karuta_ka.jpg karuta_yo.jpg karuta_ta.jpg karuta_re.jpg karuta_so.jpg karuta_tu.jpg karuta_ne.jpg karuta_na.jpg karuta_ra.jpg karuta_mu.jpg karuta_u.jpg karuta_wi.jpg karuta_no.jpg karuta_o.bmp karuta_ku.jpg karuta_ya.jpg karuta_ya2.jpg karuta_ma.jpg karuta_hu.jpg karuta_ko.jpg karuta_e.jpg karuta_te.jpg karuta_a.jpg karuta_ki.bmp karuta_yu.jpg karuta_me.jpg karuta_n.jpg karuta_mi.jpg karuta_shi.jpg karuta_we.jpg karuta_hi.jpg karuta_mo.jpg karuta_se.jpg karuta_su.jpg karuta_n.jpg
QRコード
携帯からもアクセス
QR
プロフィール

konn43

Author:konn43
基本的に角が立たないように生きてますが、理不尽に尻尾を踏まれると赦せません。
 当サイトは、リンクフリーです。
許可も不要です。記事を引用する際、一言でも良いのでご自分の意見も付け加えて頂ければ嬉しいです。そのご意見がきっと誰かの役に立つと思うので。
 基本的に忙しいので、返信できるかわかりませんが、メールアドレスを一応、公開することとしました。
 konn_seesaa@mail.goo.ne.jp

ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ
・現在の閲覧者数:
・アクセス数:
  (H21.12.29から)

seesaa共用のアクセス数:
 
  (H17.05.07から)
クリックにて記事表示
shinzohossanogenin.jpg abcd.jpg tomohito-sinnou.jpg china-sensya.jpg bouei.jpg kita-kokki.jpg q20.gif nitiromap011.jpg afurica_16c.png renai_intr1.jpg shin_01.gif mimana.jpg 草原の道 ghana-daihyou.jpg gaito.gif yami-ichi.jpg tateanashiki-juukyo.jpg bot06ph6.jpg netuzoucyon.gif shoda20030116-06s.jpg muboubi-man.jpg yasukuni050815.jpg kaisan.jpg ero-kyoiku.jpg shigen-dorobou.jpg 0808e_iti_arson311340.jpg The_Last_Samurai_3_1024.jpg sinagaki.jpg futouna_genkokudan.jpg korea-kyojou.jpg koreansoldier.jpg vip-vs-vank.jpg dog.jpg karate-pakuri.jpg ハングル教科書 chousen-dic.png erokyoiku-book.jpg 02420yuji.gif china_sakana3.gif UN.jpg tattahitotunotakaramono.jpg blue.jpg ishihara-okinotorisima.jpg hibiya.jpg okazaki2.gif baikoku-kouno.jpg stomping.jpg cyosencar.jpg han.jpg onode-enjiwo-osou.jpg korea_uragiri.jpg goutou.jpg ate-Shot_11.jpg ishihara2.jpg fukuokasatsujin.jpg amenoyasukuni.jpg asiagou.gif 橋 k-petoronas0.jpg china-shitugyou.jpg soushikaimei.jpg mercury_story5.gif den3_zu5.gif muneo.jpg 141004hashimoto20.jpg ebijoniru.jpg od2.jpg ODA 初等教育の発展 nisegaisha.png kanji3.jpg kujira.jpg tamashi.bmp tosupo.jpg masukomi.jpg osousiki200508141300.jpg sankikyukoutou.jpg chousen-goumon.jpg nekoguruma.jpg nandaimon1897.jpg dojin.jpg hagetaka.jpg jikkai.jpg kyanberu.jpg terrorist.gif baka_samurai.jpg
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。