はてなブックマークに追加 

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!

はてなブックマークに追加 

2005年11月27日 (日)

古代の日本と中国、そして朝鮮

 本日の昼に次の記事「古代の日本と中国」を更新したので、まだ、読まれていない方は、そちらも読んで頂ければ幸いである。当記事では、その続きである大和時代について述べさせて頂く。
 恵まれた自然環境の中で家族が集まり自然発生的に国家成立し、その国家の代表として天皇(大和朝廷)が国を治めたと言われるのが、この時代ではなかろうか。

第3章 大和時代
 ますます日本!-国史編-
大和朝廷の成立
 大和朝廷は大和政権・大和王権とも称される。邪馬台国の延長かどうかは論争中であるが、日向国より東征し橿原宮にて初代天皇(大王[おおきみ]) に践祚した神日本磐余彦尊[かむやまといわれひこのみこと](始馭天下之天皇[はつくにしらすすめらみこと]=神武天皇) より続き大和国三輪山付近に在ったとされる皇室を中心とした、氏姓制度に基づく諸豪族の連合政権であると考えるのが一般的である。その大和朝廷によって日本が統一されて以後、律令国家が成立するまでを大和国家と言う。皇室はこの後、綏靖天皇[すいぜいてんのう]、安寧天皇、懿徳天皇[いとくてんのう]、孝昭天皇、孝安天皇、孝霊天皇、孝元天皇、開化天皇、崇神天皇[すじんてんのう]、垂仁天皇、景行天皇、成務天皇、仲哀天皇、応神天皇と続くものとされている。

 ここで、学習指導要綱では国家が形成されていく過程のあらましを大和朝廷による統一を通して理解させると記されているが、歴史教科書にはどのように記されているのだろうか?

学習指導要領 第2節 社会〔歴史的分野〕
 文部科学省 平成10年12月告示
2 内容
(省略)
(2)古代までの日本
ア 人類が出現し,やがて世界の古代文明が生まれたこと,また,日本列島で狩猟・採集を行っていた人々の生活が農耕の広まりとともに変化していったことを理解させる。
イ 国家が形成されていく過程のあらましを,東アジアとのかかわり,古墳の広まり,大和朝廷による統一を通して理解させる。その際,当時の人々の信仰,大陸から移住してきた人々の我が国の社会に果たした役割に気付かせる。
(省略)

 まずは、大和朝廷の表記方法から見てみよう。

・古代の日本について、権力的支配・被支配関係だけで教えていないか
 全「歴史教科書」を徹底検証する
(省略)
●「大和朝廷」と表記している教科書
【扶桑社】大和朝廷

●「大和朝廷」以外の表記をしている教科書
【東京書籍】大和政権
【大阪書籍】大和王権
【教育出版】大和政権・大和王権
【帝国書院】ヤマト王権
【日本書籍新社】大和政権
【清水書院】ヤマト王権
【日本文教出版】大和政権(小見出しのみ「大和朝廷」)

 次に、最大のチェックポイントであるジェンダフリー思想と同様に、「あからさまに共産主義(マルクス・レーニン主義)を前面に出さないで、最終目的を達する」という企みがなされているか否かを見てみよう。

・古代史を階級闘争史観で捉えていないか
 全「歴史教科書」を徹底検証する
 今日では完全に時代遅れとなった感のあるマルクス・レーニン主義だが、驚いたことに中学の歴史教科書の一部には、いまだにその残滓が色濃く残っている。その典型的な例の一つが、古代文明と国家の起源に関する記述である。
 例えば、日本書籍新社は、新石器時代には「人々は共同で生産をおこない、収穫物を分け合って暮らした。貧富の差はまだなかった」と下記、「四大文明のはじまり」の小見出しでは、「支配するもの(国王・貴族)と支配されるもの(民衆・奴隷)ができ、これを一つにまとめる組織として国家がつくられた」と記述している。これなどは、エンゲルスが「家族・私有財産・国家の起源」で述べた、「原始共産制」から支配階級・被支配階級が分裂して「古代奴隷制」の国家が生まれたというマルクス・レーニン主義の"教義"そのものである。
 東京書籍も、原始共産制の記述こそ見られないものの、「文明の発生」という小見出しで、「はじめは、人々から選ばれて、戦いや祭り、かんがい工事などを指揮していた人が、しだいに人々を支配し、税を取るようになり、支配するもの(王や貴族)と、支配されるもの(農民や奴隷)との区別ができました。」と書いており、同様の歴史観に立脚していることがわかる。
 しかし、実際には四大文明の発生と国家の起源について、支配・被支配の枠組みだけで説明するのは誤りである。なぜなら帝国書院がいみじくも指摘しているように、インダス文明では「支配者の権力を示すような神殿や宮殿は見つかっていません」という事実もあるからだ。
 
 ちなみに、田嶋陽子、福島瑞穂や、従軍慰安婦問題でも登場した吉川春子などが宣伝しているジェンダーフリーもエンゲルスの思想である。
 このエンゲルスは、以前も述べたが、夫は支配する側で、妻は、支配される側と決め付け、家族制度を解体させることで、「家族制度の解体は国家の弱小化ひいては国家の解体へと連なり、共産主義社会を到来せしめる」と主張した危険な思想の持ち主である。
 家族の集まりが最終的に国家となった我が国の屋台骨を根底から崩壊させようとする人物達とその思想も合わせて記憶して頂きたい。
 さて、話を歴史教科書に戻す。チェックポイントは、国家と国民の関係を支配する側と支配される側に分類しているか否かである。

・古代の日本について、権力的支配・被支配関係だけで教えていないか
 全「歴史教科書」を徹底検証する
 (省略)日本の古代史をも支配・被支配関係だけで説明しようとする傾向が、一部の教科書に認められる。例えば、その一つは「古事記」「日本書紀」に関する説明の仕方にも表れている。
 キーワードは、「支配」である。
 (省略)
●「支配」と明記するもの
【日本書籍新社】「天皇と朝廷がこの国を支配するいわれを説明するための物語」
【大阪書籍】「国のおこりや天皇が国を支配する由来などを説明」

●「支配」とせず、「治める」などとしたもの
【扶桑社】「天皇が日本の国を治めるいわれを述べたもの」
【東京書籍】(省略)
【帝国書院】(省略)
【清水書院】(省略)
【日本文教出版】(省略)
【教育出版】記述なし(「歴史書」とのみ記す)

 さて、この時代の朝鮮半島はというと以下のように4つの国があった。
 
遣隋使(けんずいし)について
 知識の泉
【朝鮮半島にあった日本の領地 任那(みまな)】

 このころ、朝鮮半島は、高句麗(こうくり)、新羅(しらぎ)、百済(くだら)、任那(みまな)の4国があった。任那(みまな)は、大和朝廷の支配下にあったと思われ、日本の植民地であった。この任那(みまな)は大和朝廷にとって、中国の文化を取り入れるための玄関(げんかん)として重要な役割を果たしていた。

 任那には任那日本府が設置されて、大和朝廷の朝鮮半島に於ける足場となったようであるが、教科書にはどのように記されているのであろうか?

・任那(みまな)の名称をことさらに避けていないか
 全「歴史教科書」を徹底検証する
 信じ難いことだが、「任那」の名称は大方の教科書から消えてしまっている。
(省略)
 教育出版と清水書院は「朝鮮南部」「朝鮮半島」とぼかした表現しかしておらず、任那に全く触れていない。また、日本文教出版は「加耶」、日本文教出版・帝国書院は、「加羅(伽耶)」とするが、任那には触れていない。
 東京書籍は「加羅(任那)」、大阪書籍は「加耶(加羅、任那)」と辛うじて表記している(省略)。執筆者が韓国の呼称に媚びているとしか思えない。
 この点、扶桑社は「任那(加羅)」としており、日本側の呼称を中心としながら韓国側の呼称にも配慮した、穏当な表現となっている。

 任那が歴史から削ぎ落とされているとのこと。また、かつて、韓国のソウルを京城(けいじょう)と呼んでいたし、北朝鮮のピョンヤンを平壌(へいじょう)と呼んでいたが、テレビや新聞のふりがな等の影響で、我々は、いつの間にか朝鮮語読みをさせられてきたが、それと同じ言葉狩が、教育現場で起きている。
 更に、『全「歴史教科書」を徹底検証する』によれば、東京書籍、大阪書籍、教育出版、帝国書院の4社(日本書籍新社、清水書院も近代以降は同様)は、韓国や中国におもねった国名・地名・人名表記をしているとのこと。
 具体的には、高句麗(コグリョ、こうくり)、任那(イムナ、みまな)、長江(チャンチャン、ちょうこう)、毛沢東(マォツォトン、もうたくとう)、蒋介石(チャンチェシー、しょうかいせき)に対する中国・朝鮮読みのフリガナを漢字の上段にし、また、日本語読みのふりがなを下段にすることで、中国語・朝鮮語読みを優先にしている。
 更に、驚くべきは、日本語読みでは引けない、ふざけた索引である(東京書籍、大阪書籍、教育出版、帝国書院、清水書院)。例えば、蒋介石を「し」の行から「しょうかいせき」と引くことができず、中国語読みの「チャンチェシー」を知っている人しか使えない。この日本語読みを基準としない教科書は、一体どこの国を向いているのだろうか?
 せっかくの機会なので、異常な歴史教科書を必死に守りたい組織が、親の会と中核派であったことも改めて記させて頂く。
 そういえば、韓国の古墳の件もあったので、忘れないように記しておく。

自国の文化さえ破壊する韓国人達
 Doronpa's Page ~不思議の国の韓国~
全羅南道の光州郊外と栄山江の流域に奇妙な形をした古代の墓があるのを知っているだろうか?
その形は前部が四角錐、後部が円形となっている。
出土物から紀元5~6世紀頃の遺跡と確認されている。
ところが、この歴史的遺跡は韓国の考古学会では黙殺されている。その理由はその古代の墓の形状にある。

日本人なら「前部が四角錐で後部が円形の墓」と言われれば直ぐにピンとくるはずだ。そう、逆向きで表現されているが前方後円墳である。
実はこの墳墓が発見された当初韓国の新聞などは一斉に「古代朝鮮から日本へ前方後円墳が渡った証拠」として報道していたのである。
前方後円墳は世界的に見ても非常に珍しい形の墳墓で、日本独自の墳墓文化として世界に紹介されているからだ。
ところが、よくよく調べてみると、日本の前方後円墳が3~5世紀に作られたのに対し、これらの韓国の前方後円墳は5~6世紀に作られていたことが分かってきた。
さらに韓国の前方後円墳の出土物に日本の埴輪に酷似した土器類が発見されたのだ。

常識的に考えれば、この韓国の前方後円墳が作られた当時に日本から有力な豪族がやってきて当地を治めたか、若しくは日本からの何らかの影響が古代朝鮮にあったと推察される。

そう、だからこそ韓国ではこの古墳を黙殺しているのである。
さらに驚くべき事にこの発見が無かったことにするために国家による埋め戻し作業が行われたという話を聞いている。
もしこれが事実ならそれは国家による犯罪行為ではないのか?(省略)

 李氏朝鮮時代の仏教弾圧と同様に文化を軽視する姿勢は一緒であり、いつの時代も変わりない模様。マキアヴェッリによる「同じ地方に生まれた人々は、時代が変わろうとも、同じような気質を持ち続けるものである。」とのお言葉の重みを再認識させられてしまう。
 最後に、お馴染みのMUSASHIさんの史観を再引用させて頂く。

偉大なるコリア!
 大日本焼肉文化研究所

Q4 やがて誕生した大和政権と朝鮮半島の関係はどのようなものだったのですか?
 近畿地方を中心とした大和政権は、朝鮮半島の南部から進んだ技術や鉄の資源を獲得し、それを強力な軍事力にし日本列島の中で力を持っていったと考えられています。

そんなたいそうな技術があれば、日本を支配できるでしょ?
好きこのんで不毛の土地に暮らす必要もないし。
Q6 渡来人の足跡が日本の中には多く残っていると聞きましたが?
 古代の日本と朝鮮の交流が強かったことを物語る多くのものが日本各地に残っています。

朝鮮はだいたい日本に朝貢してたでしょ?

高句麗・百済・新羅という古代朝鮮の国名にちなむ神社は日本各地に残っています。高麗(=高句麗)神社・百済神社・新羅神社という名称の神社はもちろん、許麻(=高麗・こま)神社・狛(こまえ)神社・高来神社・白木神社・白城神社・白髭神社も古代朝鮮にちなむ神社です。他に比売許曽・姫社・姫古曽(ひめこそ)神社や天日槍・天之日矛(あめのひぼこ)伝承も朝鮮に由来するものです。また神社の社殿の前におかれた狛犬(こまいぬ)も高麗の犬という説が有力です。神輿をかつぐ時のかけ声の「ワッショイ」も韓国・朝鮮語の「ワッソイ(来ました)」に由来するという説もあります。
ワッショイはねつ造です。
ウリナラが奈良というのと同じぐらい馬鹿な話です。

だいたい、古代朝鮮は日本領土だったのだから、神社でまつるのは当然では?


【関連記事】
・(H17.06.28)隣の国家による言葉狩り(その3)
・(H17.08.08)ジェンダフリー政策による国家崩壊の危機(その2)
・(H17.10.24)偉大なるコリア!
・(H17.11.04)安直な女性天皇容認は天皇制崩壊の危機に繋がる
・(H17.11.06)人権擁護法案を考える上での諸問題
・(H17.11.10)従軍慰安婦から奪った財産!…恥を知れ!
・(H17.11.18)日本人が温厚に育った背景…中国人とは水と油
・(H17.11.20)汚職が文化となり民度が低い中国…原因は儒教か?
・(H17.11.25)古代の日本と中国

【参考書籍】
全「歴史教科書」を徹底検証する―教科書改善白書〈2006年版〉
小学館 [著] 三浦 朱門
ASIN:4093875847 /単行本/239頁
発売日:2005-06
ランキング&評価:---位 3.88
価格:¥ 1,260 [2006-06-16 Amache]
4 - 知らない人物多数
5 - まず、自分の眼で確認しなければ
5 - 扶桑社効果?
5 - 教科書問題は単独の問題ではありません
1 - 疑問を持つこと自体が疑問
スポンサーサイト

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!
人気 blog Ranking
ご協力お願いします
ワン♪

推薦図書
購入できないのであれば、図書館で借りてでも是非読みたい、この一冊。
関連商品
書籍検索
カレンダー
10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
fc2アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク

経済コラムマガジン
月刊・沈黙の兵器
日本軍事情報センター
石原慎太郎エッセイ『日本よ』
眞悟の時事通信
森田実
国際派日本人養成講座
パクリ大国 南朝鮮
nikaidou.com
BLOGリンク
朝鮮かるた
ちょうせんかるたで時事を学ぼう!
かるたをクリックして記事確認
karuta_i.jpg karuta_ro.jpg karuta_ha.jpg karuta_ni.jpg karuta_ho.jpg karuta_he.jpg karuta_to.jpg karuta_ti.jpg karuta_ri.jpg karuta_nu.jpg karuta_wa.jpg karuta_ka.jpg karuta_yo.jpg karuta_ta.jpg karuta_re.jpg karuta_so.jpg karuta_tu.jpg karuta_ne.jpg karuta_na.jpg karuta_ra.jpg karuta_mu.jpg karuta_u.jpg karuta_wi.jpg karuta_no.jpg karuta_o.bmp karuta_ku.jpg karuta_ya.jpg karuta_ya2.jpg karuta_ma.jpg karuta_hu.jpg karuta_ko.jpg karuta_e.jpg karuta_te.jpg karuta_a.jpg karuta_ki.bmp karuta_yu.jpg karuta_me.jpg karuta_n.jpg karuta_mi.jpg karuta_shi.jpg karuta_we.jpg karuta_hi.jpg karuta_mo.jpg karuta_se.jpg karuta_su.jpg karuta_n.jpg
QRコード
携帯からもアクセス
QR
プロフィール

konn43

Author:konn43
基本的に角が立たないように生きてますが、理不尽に尻尾を踏まれると赦せません。
 当サイトは、リンクフリーです。
許可も不要です。記事を引用する際、一言でも良いのでご自分の意見も付け加えて頂ければ嬉しいです。そのご意見がきっと誰かの役に立つと思うので。
 基本的に忙しいので、返信できるかわかりませんが、メールアドレスを一応、公開することとしました。
 konn_seesaa@mail.goo.ne.jp

ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ
・現在の閲覧者数:
・アクセス数:
  (H21.12.29から)

seesaa共用のアクセス数:
 
  (H17.05.07から)
クリックにて記事表示
shinzohossanogenin.jpg abcd.jpg tomohito-sinnou.jpg china-sensya.jpg bouei.jpg kita-kokki.jpg q20.gif nitiromap011.jpg afurica_16c.png renai_intr1.jpg shin_01.gif mimana.jpg 草原の道 ghana-daihyou.jpg gaito.gif yami-ichi.jpg tateanashiki-juukyo.jpg bot06ph6.jpg netuzoucyon.gif shoda20030116-06s.jpg muboubi-man.jpg yasukuni050815.jpg kaisan.jpg ero-kyoiku.jpg shigen-dorobou.jpg 0808e_iti_arson311340.jpg The_Last_Samurai_3_1024.jpg sinagaki.jpg futouna_genkokudan.jpg korea-kyojou.jpg koreansoldier.jpg vip-vs-vank.jpg dog.jpg karate-pakuri.jpg ハングル教科書 chousen-dic.png erokyoiku-book.jpg 02420yuji.gif china_sakana3.gif UN.jpg tattahitotunotakaramono.jpg blue.jpg ishihara-okinotorisima.jpg hibiya.jpg okazaki2.gif baikoku-kouno.jpg stomping.jpg cyosencar.jpg han.jpg onode-enjiwo-osou.jpg korea_uragiri.jpg goutou.jpg ate-Shot_11.jpg ishihara2.jpg fukuokasatsujin.jpg amenoyasukuni.jpg asiagou.gif 橋 k-petoronas0.jpg china-shitugyou.jpg soushikaimei.jpg mercury_story5.gif den3_zu5.gif muneo.jpg 141004hashimoto20.jpg ebijoniru.jpg od2.jpg ODA 初等教育の発展 nisegaisha.png kanji3.jpg kujira.jpg tamashi.bmp tosupo.jpg masukomi.jpg osousiki200508141300.jpg sankikyukoutou.jpg chousen-goumon.jpg nekoguruma.jpg nandaimon1897.jpg dojin.jpg hagetaka.jpg jikkai.jpg kyanberu.jpg terrorist.gif baka_samurai.jpg
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。