はてなブックマークに追加 

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!

はてなブックマークに追加 

2005年08月07日 (日)

政治問題にも関心を持って頂けると嬉しいです

 当Blogを開始してから、昨日でちょうど丸3ヶ月がたち、その節目の日でアクセス数が20万ヒットを超えました。飽き易い私が、未だに書き続けることができるのも、弱すぎる日本への怒りだけではなく、みなさんの関心の深さです。ありがとうございました。
 さて、当サイトのアクセス数を分析すると、先週あたりから、「アジアの安全な食べ物」さんのサイトから、この記事へのアクセス数が一時的に急増しており、安全への世間の関心が多いことがわかります。みなさんも、「アジアの安全な食べ物」さんのサイトのコメント数(現時点:767)を見ればその凄さが実感できるのではないでしょうか。
 私自身が書いてきた3ヶ月間の記事を分類すると、社会(JR事故や外国人による犯罪)、環境(食品、汚染)、歴史(大東亜戦争)、軍事、教育、政治(郵政、ジェンダフリー)など、自分の能力を超えた範囲を手広く扱ってきたみたいでした。その際の感覚を少し述べさせて頂くと、みなさんは、前者の社会や環境に関する分野には、割かし関心があり、それ以外の後者には関心が薄いように感じられました。
 みなさんが、それぞれ関心がある分野を起点として、その幅を少しでも(できれば後者の分野に)広げて頂けることが、何よりもうれしいです。
 何故、後者の分野に関心を持っていただきたいかと言いますと、世間のニュースを見ていると、前者の社会・環境問題は、後者の政治が原因で結果として引き起こされていることが多いように見受けられるからです。
 これは、「普段の食生活が悪い風邪の患者を治療するにあたり、その人の生活態度を改めないで、薬のみで処方する」という構造に近いものがあるのではないでしょうか。
 何を言いたいかと言いますと、上記の薬とは、我々が中国産などに気を付けるという社会・環境に関する関心のことで、生活態度を改めない行為とは、政治への無関心ということです。
 突然、生活態度を改めよと言われても、どのように改めたら良いのか戸惑うのと同じ様に、選挙で、良い政治家を選べと言われても、投票者に善悪の価値基準がなければ、戸惑うだけです。 
 そのようにならないよう、適切な政治家を選定できる一基準として、歴史などの後者の分野の記事にも関心を持ち続けることが大事だと思います。みなさんにそうして頂かないとこの国は、決して良くなりません。逆に言えば、みなさんの関心が深ければ深いほど、この国が良くなると言えるのではないでしょうか。
 少しでもそのお手伝いができればと思い、ある程度の期間までですが、私も記事を書かせて頂きます。

 これから、昨日の記事「ジェンダフリー政策による国家崩壊の危機」の続きで、書籍の引用のテキストおこしを実施しますので、今日は、この辺で終えさせてもらいます。
 まだ、お時間がある方は、8月にちなんで、以下の記事でも読んで頂ければと思います。この記事の最後尾に、関連記事を年代順に付加しました。これを辿る事で、戦争に関する無関心さが、今の問題に繋がっていることをご理解頂ければと思います。
 
人種差別国家韓国とそれと無縁の日本
スポンサーサイト

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!

はてなブックマークに追加 

2005年07月22日 (金)

blog Rankingのクリック、ありがとうございました

 昨日から開始したblog Rankingも、おかげ様で、この位の順位になりました。大変ありがとうございました。
 本日より、blog Rankingランキングのボタンを記事個別にではなく、サイトの左上に固定で配置しようと思います。
 良い記事、皆様に広く知らしめたい記事があった場合や、私を励ましたい場合は、blog Rankingランキングのボタンをポチっと押して頂けると嬉しいです。
 また、他サイト様にても、同じようにして頂けると嬉しいです。

 さて、今日は、明日以降の記事作成のため、勝手ながら充電日とさせて下さい。
 過去記事のカテゴリを細分化しましたので、お時間がある方は、未読部分を眺めて頂くか、リンク先を覗いて頂ければと思います。
 1つの出来事を単に記述する新聞とは違い、いくつかの事象を集め、それに対する考え方を述べているつもりの当サイトの記事は、時間の経過と共に価値が無くなる速度が遅いはずと勝手に解釈してますので。
 と言うのは建前で、正直なところは、解決していない事件が多いので、みなさんにも常に関心を持って頂きたいということです。
 更に、愚直に言うと、選挙で投票する際の価値基準として参考にして頂けたらということです。

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!

はてなブックマークに追加 

2005年07月02日 (土)

ここで一時的に更新します/都議選よろしくお願いします

stop_seesaa.png 当サイト http://konn.seesaa.netが、12:00現在も表示されないため、一時的にhttp://konn2.seesaa.netを立ち上げました。
現在、seesaaさんに、メールにて原因を問い合わせ中です。

今後の活動方法は、検討中です。ここは人権擁護法案が通過する前の言論の自由が保障される国なので、PCと気力がある間は、継続したいものです。

【7/15追記】~ここから~
↑seesaaさんよりメールでキャッシュの問題とのご回答がありました(7/4)。またブラウザ自体が更新しないことの有無をしばらく注意深く観察していたのですが、原因不明(URLを直接入力?)ですがまれに発生することがありました(ただ、このときは、キャッシュをクリアするほどではなく、ブラウザの更新ボタンにて解決できました)。従って、当方の問題で、seesaaさんの問題ではありませんでした。お騒がせしまして誠にすみませんでした。
~ここまで~

しかし、以下の通り言論の自由もいよいよ危なくなった感があります
みなさん、都議選での投票や人権擁護法案反対FAXよろしくお願いします!
※当サイトの件は、きっと手違いでしょう(ネタ程度と思って、後で笑ってみたいですな)

二階堂.com
<日本人の人権さんより>

 人権擁護法について、非常事態が発生しました。至急掲載くださいますようお願いします!以下は「草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN」というブログからの情報です。
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/

[引用開始]

人権擁護法案をめぐり、極めて深刻な状況について。人権擁護法案をめぐる状況が一変し、悪化している模様です。

ご承知のように、週刊新潮(6月23日号)によると与謝野政調会長は、人権擁護法案の問題性はあるものの、これを今国会で通すのは規定の路線であり、古賀氏の一任どおり国会に提出する旨のことを述べているとのことです。

複数の信頼すべき情報でも、与謝野政調会長が「真の人権擁護を考える会」(会長 平沼赳夫前経済産業大臣)の役員に対して、これまでの交渉を打ち切り、先の趣旨を確認したうえで、今後、法務部会を開催しても、推進派は参加しない旨を伝えた模様です。

そのことは、平沢勝栄法務部会長が、古賀氏一任を認めて、法務部会を開催しないことを示唆したとも受け止められます。もしそれが真実ならば、人権擁護法案は政審・総務へと舞台が移る可能性があります。

本来、自民党のシステムとしては、部会の了承を得て、政審で審議されるのがルールであり、それを犯してまで政審・総務で審議を進めることはないだろうとの観測もありますが、事態はかなり深刻な状態にあると想定すべきでしょう。

したがって、平沢部会長の勇断をもって、法務部会が開催されることが重要です。

[引用終了]

上記の通り、与謝野は次の選挙での公明の票欲しさに国民の基本的人権を創価・同和・半島およびシナに売り渡すことにしたようです。さらにそれに武部幹事長などの党執行部ものった模様です。武部は6月5日の新宿での演説で反対派からの抗議を一方的にサクラと決め付け、その際に喝采を浴びた若手議員を恫喝してました(週刊新潮6月23日号)。

これは反対派議員と会話していた方のレポートです。

[引用開始]

KNの6・19ゆるゆるレポートその20
まず気になったのは、やはり例の与謝野職権濫用発言。これは産経や新潮の記事内容とほぼ同じだから書いてもいいでしょう。
俺が「あれは本当なんですか?」と古川先生に突っ込むと、先生憤然として「だって本当に言ったんだもん!」
・・・「だもん!」ってアンタ・・・俺は思わず「言った!?」、先生「言った!」、俺「いたんですかァ?」、先生「いた!」
古川先生の言うにはこういう状況。「平沼先生や古屋先生と一緒に法案の問題点を説明しに与謝野氏のところに押しかけた際に、古屋さんが説明したところ・・・」と、ここまで説明したところで古川先生、急に右手を振り上げてソファの肘掛をしたこま叩き、「バーン!!」。俺と給食車さんはビックリ。何事!? 古川先生は一拍置いて「・・・と机を叩いて『俺だってそんなことは分かってるんだよ!』と与謝野さんが古屋先生を怒鳴りつけたんだよ」と言った。
俺と給食車さんは唖然としてしまい、それ以上突っ込むことも出来なかったので続きは聞けなかったが、つまりその後に「俺の職権で・・・」という与謝野発言になり、平沼先生の「そんなことをしたらどうなるか・・・」発言になったんだろう。
産経も新潮もほぼ真実を伝えていたわけです。しかし与謝野さん、これは古屋先生に対する人権侵害ですよ・・・てゆーか、与謝野氏にここまで言わせる圧力の正体って何なんだ?

[引用終了]

今後の活動方針ですが、もはや緊急事態につき、悠長なことはできません。暫定的に以下の通りの活動を二階堂ドットコムをご覧の皆さんにお願いいたします。

・自民実名FAX抗議・請願
・平沢氏、反対派応援
・中立派、不明議員の立場確認と協力要請
・マスコミ(特に雑誌系)への取材要請
・大臣クラス、総務部会、政調審議会メンバーへ抗議・請願
・身の回りへの告知
・選挙へ行くようにすすめる

この辺を徹底して行くこと

政調審議会メンバー連絡先
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/5312/1102872549/r106
総務会メンバー連絡先
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/5312/1102872549/r104

以上です。

→右翼団体の連合も人権擁護法について勉強会を開き、これは大問題だということになっているようです。通したらその誰かがやられそうですね。大体古賀誠なんていうのは野中のかばん持ちでチョロチョロと・・・本人に聞いてみたいね。「あんたの人生、楽しいかい?」と。偉そうにしている割には実態は人にカネで使われているだけ。それで変な法案を通せば、恨みつらみを散々された挙句死んでいくわけでしょう。一族郎党に変な妖気が漂っちまうよねぇ。そんな人生よりも、仮にも一国の政治家ならば「日本国のみんなのために(国益)」という人生が一番だろうが。

国民も、政治家や官僚連中で、シナだの朝鮮だのにカネを貰っていた連中がいても許そうじゃないか。というかむしろ貰って来いと。頼まれごとを「やるやる」といっておいてやらないで、カネだけもらって国庫金とか児童福祉施設に寄付とかな。そういうかっこいいことをやろう。朝鮮人の贈賄金は、カネを全額国庫に入れれば無罪とかにすればいい。本サイトは極論ばかりだといわれるらしいが、そのくらいがちょうどいいのだよ諸君。


 そういえば下記記事がアクセスできないようです。NGワードでも含んでいるのでしょうか?私には理解できませんが。いつまで閲覧できるかわかりませんが、とりあえず、再構築しました。

(07/01)国を駄目にするマスコミ/都議選投票日(7月3日)
ishihara-okinotorisima.jpg

(06/30)旧日本軍の毒ガス…中国公安と朝日・毎日新聞の共同反日賠償工作疑惑
baikoku-kouno.jpg

(06/28)隣の国家による言葉狩り(その3)
chosen_zokkoku.jpg

(06/26)隣の国家による言葉狩り
dojin.jpg

(06/15)靖国参拝できなかった台湾人は、本当は左翼の妨害にあったのでは?
cyosencar.jpg

(06/10)悪の人権擁護法案、また再燃か!
korea_uragiri.jpg

(05/27)本来の目的がぼやけた郵政民営化は止めるべき
tosupo.jpg

(05/23)中国の環境汚染でいよいよ近づく食糧危機…自給率向上に注力すべし
shinzohossanogenin.jpg

【追記17:15】
 16:40頃、当サイト(http://konn.seesaa.net)が私のPCより閲覧することができるようになりました。ご迷惑をおかけしました。原因は不明です。Seesaaさんを信用しているので、ブラウザのキャッシュが原因ならば良いのですが。
 次回の更新は、特に問題がなければ、従来通り、http://konn.seesaa.netにて再開したいと思いますので宜しくお願いします。
 また、本日の11:00から15:00頃の間にて、当サイトのTOPページ(http://konn.seesaa.net)または、上述した私のいくつかの記事について、閲覧できた方や、できなかった方の情報を頂けると助かります。お手数ですが宜しくお願いします。

ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!

はてなブックマークに追加 

2005年05月10日 (火)

こんな感じでBlogを作っていきたいです

 先日は、JRの報道やヘリ墜落、海難事故を通してマスコミの偏向報道について述べさせてもらいました。偏向報道には、例えば弱者の立場の視点を装い結果的には一方的な立場しか報道しないことと、韓国、朝鮮、中国の事件は隠蔽されるなどのそもそも事実を報道しないことがあると、韓流ブームや中国経済扇動のような事実とは異なることを捏造することをご理解し、一歩引き下がった視点で情報収集して頂けたらと思います。
 私は、アンチマスコミという訳ではなく、世の中の役割としてマスコミは重要だと思っている立場です。ただ今の偏ったマスコミの姿勢が嫌いなので、あえてこのような事を書かせてもらっているということをご理解頂けたらと思います。
 さて、少し話は変わりますが、Blogを通して今後、訴えていきたい事を少し書かせてもらいます。希望としては、国全体をより良いくする為には、どうあるべきかという想いを時事問題を通して述べることができるBlogにしたいという事ですが。。。ジャンル的には、どれも専門分野ではありませんが、経済・内政問題、外交問題、内政問題、軍事問題あたりについて触れていきたいと思います。

【経済・内政問題】
 最近は、構造改革という言葉が印象的でしたが、景気回復の本質は、そうなのでしょうか?構造改革前の非効率(?)の状態でも景気が良かった80年代。景気を良くするためには、構造改革よりも、むしろ、当時行っていたが、今あまり実施されていない良かったこと(公共投資、税制方式)を復活した方が良いのではと思ってます。特に、国内の寂れた街を数箇所見続けてきた結果、構造改革対して強く疑問を感じてきましたので。また、中国の環境問題などによる輸入食料品の粗悪化の加速から予測される、食料不足問題などについても考えを述べたいです。

【外交問題】
 中国、韓国、朝鮮などによる領土侵略や歴史問題等の謝罪外交は、国益にとっていかがなものでしょうか?

【軍事問題】
 一説によると外交にて弱腰なのは、軍事力が弱いからだと言われております。交渉相手は、日本人ではありません。したたかな外国人です。時には野蛮な国もあります。日本の正論が通じないことが多々あります。理屈が通らない相手を譲歩させるにはお金だけでは武器になりません。単にむしりとられることもあります。交渉上手なアメリカや戦前の日本を見ると確かに軍事力が強かったですね。時には脅かし(戦争するということではありません)も必要なのでしょう。そんな訳で、軍事問題も少し取り上げたいと思ってます。

 ジャンルを列記してみると案外幅広いので、絞りたいとも思いましたが、私の想いでは根底の部分で繋がっている部分もありますので、頑張ろうかと思います。また、私の意見は、考え方の一つであって、ゴールの方向が同じであれば、別の考え方のアプローチがあっても問題ないと思ってますので、みなさんの考え方を勉強させて頂けると助かります。
 最後に、自分自身でも整理しきれていない場合や知識不足、偏向報道の弊害による誤認識、アルコールが好きなので酔った場合の記事もあるとは思いますが、ご了承願います。
ワン♪『ポチッ』と頂けると次も頑張れます!
人気 blog Ranking
ご協力お願いします
ワン♪

推薦図書
購入できないのであれば、図書館で借りてでも是非読みたい、この一冊。
関連商品
書籍検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
fc2アクセスランキング
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク

経済コラムマガジン
月刊・沈黙の兵器
日本軍事情報センター
石原慎太郎エッセイ『日本よ』
眞悟の時事通信
森田実
国際派日本人養成講座
パクリ大国 南朝鮮
nikaidou.com
BLOGリンク
朝鮮かるた
ちょうせんかるたで時事を学ぼう!
かるたをクリックして記事確認
karuta_i.jpg karuta_ro.jpg karuta_ha.jpg karuta_ni.jpg karuta_ho.jpg karuta_he.jpg karuta_to.jpg karuta_ti.jpg karuta_ri.jpg karuta_nu.jpg karuta_wa.jpg karuta_ka.jpg karuta_yo.jpg karuta_ta.jpg karuta_re.jpg karuta_so.jpg karuta_tu.jpg karuta_ne.jpg karuta_na.jpg karuta_ra.jpg karuta_mu.jpg karuta_u.jpg karuta_wi.jpg karuta_no.jpg karuta_o.bmp karuta_ku.jpg karuta_ya.jpg karuta_ya2.jpg karuta_ma.jpg karuta_hu.jpg karuta_ko.jpg karuta_e.jpg karuta_te.jpg karuta_a.jpg karuta_ki.bmp karuta_yu.jpg karuta_me.jpg karuta_n.jpg karuta_mi.jpg karuta_shi.jpg karuta_we.jpg karuta_hi.jpg karuta_mo.jpg karuta_se.jpg karuta_su.jpg karuta_n.jpg
QRコード
携帯からもアクセス
QR
プロフィール

konn43

Author:konn43
基本的に角が立たないように生きてますが、理不尽に尻尾を踏まれると赦せません。
 当サイトは、リンクフリーです。
許可も不要です。記事を引用する際、一言でも良いのでご自分の意見も付け加えて頂ければ嬉しいです。そのご意見がきっと誰かの役に立つと思うので。
 基本的に忙しいので、返信できるかわかりませんが、メールアドレスを一応、公開することとしました。
 konn_seesaa@mail.goo.ne.jp

ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ
・現在の閲覧者数:
・アクセス数:
  (H21.12.29から)

seesaa共用のアクセス数:
 
  (H17.05.07から)
クリックにて記事表示
shinzohossanogenin.jpg abcd.jpg tomohito-sinnou.jpg china-sensya.jpg bouei.jpg kita-kokki.jpg q20.gif nitiromap011.jpg afurica_16c.png renai_intr1.jpg shin_01.gif mimana.jpg 草原の道 ghana-daihyou.jpg gaito.gif yami-ichi.jpg tateanashiki-juukyo.jpg bot06ph6.jpg netuzoucyon.gif shoda20030116-06s.jpg muboubi-man.jpg yasukuni050815.jpg kaisan.jpg ero-kyoiku.jpg shigen-dorobou.jpg 0808e_iti_arson311340.jpg The_Last_Samurai_3_1024.jpg sinagaki.jpg futouna_genkokudan.jpg korea-kyojou.jpg koreansoldier.jpg vip-vs-vank.jpg dog.jpg karate-pakuri.jpg ハングル教科書 chousen-dic.png erokyoiku-book.jpg 02420yuji.gif china_sakana3.gif UN.jpg tattahitotunotakaramono.jpg blue.jpg ishihara-okinotorisima.jpg hibiya.jpg okazaki2.gif baikoku-kouno.jpg stomping.jpg cyosencar.jpg han.jpg onode-enjiwo-osou.jpg korea_uragiri.jpg goutou.jpg ate-Shot_11.jpg ishihara2.jpg fukuokasatsujin.jpg amenoyasukuni.jpg asiagou.gif 橋 k-petoronas0.jpg china-shitugyou.jpg soushikaimei.jpg mercury_story5.gif den3_zu5.gif muneo.jpg 141004hashimoto20.jpg ebijoniru.jpg od2.jpg ODA 初等教育の発展 nisegaisha.png kanji3.jpg kujira.jpg tamashi.bmp tosupo.jpg masukomi.jpg osousiki200508141300.jpg sankikyukoutou.jpg chousen-goumon.jpg nekoguruma.jpg nandaimon1897.jpg dojin.jpg hagetaka.jpg jikkai.jpg kyanberu.jpg terrorist.gif baka_samurai.jpg
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。